元従業員が焼き肉店に侵入 現金と防犯カメラ盗む

05/17 20:25 更新

 茨城県龍ケ崎市の焼き肉店に侵入し、金庫から現金約40万円を盗んだとして元従業員の男が逮捕されました。男は店内を映していた防犯カメラも盗んだとみられています。  会社員の関根大介容疑者(33)は、3月10日深夜から早朝までに、龍ケ崎市の焼き肉店に侵入し、事務室に置かれていた金庫から約40万円とノートパソコンなどを盗んだ疑いが持たれています。警察によりますと、現場の状況から店内を知る人物が関与した疑いが強まり、元従業員の関根容疑者が浮上しました。関根容疑者は、店内を映していた防犯カメラも盗んだとみられていて、取り調べに対し、容疑を認めているということです。警察は、動機やいきさつについて詳しく調べる方針です。