中学校の剣道場が全焼 練習後、無人・施錠のはずが

09/10 17:47 更新

 千葉市の中学校で剣道場が全焼しました。出火当時は無人だったとみられ、けが人はいませんでした。  10日午前11時40分ごろ、千葉市稲毛区の千葉市立草野中学校で「グラウンドにある道場が燃えている」と119番通報がありました。消防車など10台が出動し、火は1時間半ほどで消し止められましたが、鉄骨1階建ての剣道場約180平方メートルが全焼し、けが人はいませんでした。警察によりますと、火災報知器が鳴り、最初に駆け付けた剣道部顧問の教師は、剣道場内に併設されている「部室の防具が燃えていた」と話しているということです。また、午前中の練習は午前11時半ごろに終了し、剣道場は鍵が掛けられて無人だったとみられていて、警察と消防は詳しい出火原因を調べています。