道路陥没し水道管破裂 地震で札幌市でも大きな被害

09/07 11:48 更新

 札幌市清田区では地震で道路が陥没して水道管が破裂し、断水が続いています。  (依田英将アナウンサー報告)  6日に液状化のような現象が起こった現場には7日午前10時半すぎ、札幌市職員と陸上自衛隊ざっと見て40人ほどが到着しました。現在、この辺りの地域一帯を歩いて回って、被害状況の確認を行っています。そして、現在、重機で地中を掘り返しています。6日、この辺りでは水道管が破裂しました。現在、地中を掘ってどの辺りで水道管が破裂したのか確認作業を行っているものと思われます。そして、この付近一帯は傾いている建物が非常に多くあります。オレンジ色の壁に札幌市の職員が危険という赤い貼り紙を貼りました。その建物の横にある建物は倉庫としても使われていますが、中に入ることができ、2段階の傾きがあるのが確認できました。平衡感覚が分からなくなるほどの傾きです。そして、この建物にも赤の危険の貼り紙がなされ、立ち入りに十分、注意するよう札幌市は呼び掛けています。依然として予断を許さない状況にあります。