アリゲーターガー1匹を捕獲 名古屋城の外堀で

05/18 05:58 更新

 名古屋城の外堀で目撃情報が相次いでいた大型の肉食外来魚「アリゲーターガー」1匹が捕獲されました。  名古屋市によりますと、17日午後5時半ごろ、市の職員らがボートで名古屋城の外堀に入って仕掛けを引き上げたところ、大型の肉食外来魚「アリゲーターガー」1匹が掛かっていたということです。捕獲したアリゲーターガーは体長約1.4メートル、ワニのような長い口と鋭い歯が特徴で、通常の個体よりやや大きいということです。名古屋城の外堀にはアリゲーターガーがもう1匹生息しているとみられ、名古屋市などは在来種を保護するため、今後も捕獲を続けるとしています。