無届けで“脱原発”訴えデモ行進か 先導の男を逮捕

09/12 13:12 更新

 東京・霞が関にある経済産業省の前で、届け出をせずに「脱原発」を訴えるデモ行進を先導したとして男が現行犯逮捕されました。  住所・職業不詳の70代くらいの男は11日午後8時半ごろ、千代田区霞が関にある経産省の前の路上で、届け出をせずに約100人を引き連れてデモ行進を行ったとして現行犯逮捕されました。男は名乗らず、黙秘しています。警視庁公安部によりますと、当時、経産省の前では午後6時ごろから脱原発を訴える集会が行われていて、約300人が参加していました。その後、参加者の一部が「原発やめろ」「再稼働反対」などと声を上げながら約100メートルにわたってデモ行進をしたということです。東京都公安条例ではデモ行進を行う際、事前に都の公安委員会に届け出て許可を得るよう定められています。