他人の自転車のかごに赤ちゃん遺棄 35歳母親逮捕

04/09 17:21 更新

 自転車のかごに赤ちゃんを遺棄したとして逮捕されたのは35歳の母親でした。  35歳の女は先月20日午前0時ごろ、東京・西東京市のアパートの敷地内にあった自転車の後ろかごに産んだばかりの赤ちゃんを遺棄した疑いが持たれています。警視庁によりますと、女は自宅で出産した後、へその緒が付いたままの赤ちゃんをタオルやパーカーでくるんで遺棄したということです。近所の人が赤ちゃんの泣き声に気付いて通報し、すぐに病院に搬送されたため命に別状はありませんでした。取り調べに対し、「誰にも相談できず、自分で育てることもできなかった」などと容疑を認めているということです。