ドアノブ何度も…無施錠の部屋探す? 女性医師殺害

06/15 11:50 更新

 山形県東根市で女性医師が殺害された事件で、逮捕された山形大学の学生の男は別の集合住宅にも入り込もうとした疑いがあることが分かりました。  山形大学4年の加藤紘貴容疑者(23)は先月、東根市のマンションに侵入し、この部屋に住む医師の矢口智恵美さん(50)の後頭部などを鈍器で殴り殺害した疑いが持たれています。その後の取材で、事件当日の朝、加藤容疑者とみられる男が現場から約500メートル離れた集合住宅でも部屋のドアノブを何度も回していたことが明らかになりました。この部屋の住人によりますと、警察がドアノブの指紋を採取し、玄関付近からなくなったものがないか確認していったということです。警察は、加藤容疑者が鍵の掛かっていない部屋を探し回っていたとみて捜査しています。