千葉市のひったくり男 ナンバープレート外して犯行

10/03 23:36 更新

 千葉市の路上でひったくりをしたとして男が逮捕された事件で、男は原付きバイクのナンバープレートを外して犯行に及んでいたことが分かりました。  自称・会社員の和田翼容疑者(35)は先月13日、千葉市中央区で、自転車で帰宅途中だった女性(49)の後ろから原付きバイクで近付いてバッグを奪った疑いで逮捕され、3日に送検されました。その後の捜査関係者への取材で、和田容疑者が原付きバイクのナンバープレートを外して犯行に及んでいたことが分かりました。発覚を免れるためとみられます。和田容疑者は「今は考えられません」と容疑を否認しています。現場周辺では8月下旬から主に女性を狙った同様のひったくり事件が30件以上あり、警察が和田容疑者の犯行とみて裏付け捜査を進めています。