桐生選手に歓喜の声 日本人初の快挙に地元も興奮

09/10 06:21 更新

 東洋大学4年の桐生祥秀選手(21)が日本人初の100メートル9秒台をマークしました。9日に行われた大学の大会の男子100メートルで追い風1.8メートル、9秒98の日本記録です。桐生選手の地元、滋賀県彦根市でも喜びの声が上がりました。  地元住民:「ほんと良かったわ。うれしいね。こんなうれしいことはない。また、頑張ってもらいたいと思いますね」「彦根の誇りです」「(Q.商売につながりそう?)商売はなかなかね」「桐生選手と同じ中学なんですよ。後輩なんですよ。めっちゃすごいなって思います。尊敬します」