警官装い“押し込み強盗” 奪った金庫は150キロ

10/10 18:43 更新

 住宅に押し入った5人は紺色の服を着て警察官を装っていました。  長嶺弘仁容疑者(29)ら5人は去年11月、東京・町田市の住宅に押し入り、この家に住む男性(当時79)の手足を結束バンドで縛ってけがをさせたうえ、現金670万円などを奪った疑いが持たれています。警視庁によりますと、5人は上下紺色の服を着て警察官を装い、「近くで事件があったので協力してほしい」などと言って家に入り、重さ150キロの金庫をまるごと奪いました。事件前には、盗んだナンバープレートを付けた車で現場を下見していたということです。5人は容疑を否認しています。