熊本地震から1年を前に 被災の病院が診療再開

04/13 00:05 更新

 熊本地震から1年を前に、被災して閉鎖していた熊本県南阿蘇村の病院が再開しました。  阿蘇立野病院は、南阿蘇村で唯一、救急搬送や入院患者を受け入れていましたが、去年4月に熊本地震で被災し、休業を余儀なくされました。医師らは別の場所で巡回医療などを続けてきましたが、地域医療を守りたいとの思いから再開に向けた準備が進められてきました。再開されたのは被害が少なかった建物で、当面は週に一度、診療が行われます。  阿蘇立野病院・上村晋一院長:「住民の生活をとにかく一日でも早く戻そうと。そんななかでも、私どもの病院も一つの一灯の明かりになればいいかなと」  患者:「うれしかですね。近くだけんですね」  8月には、入院患者の受け入れなど本格的な再開が予定されています。