【報ステ】台風25号迫る“塩害”にも警戒

10/03 23:30 更新

 大型で非常に強い勢力の台風25号が日本に接近していて、4日以降、沖縄地方で大荒れとなる恐れがある。警戒すべきことは雨や風だけではない。千葉県や神奈川県の沿岸部では、2日夜から3日未明にかけて「電線から火花が散っている」という通報が相次いだ。台風24号で飛ばされた海水の影響で火が出たのではないかとみられている。各地でこうした“塩害”による被害が出ていて、台風への不安が高まっている。