猫53匹放置…市は女性に修繕費約1000万円を請求

11/08 18:44 更新

 市営住宅で53匹の猫を放置して部屋を汚したとして、市は住人だった女性に修繕費約1000万円を請求することを決めました。  おととし秋、神戸市の市営住宅に住む40代の女性の部屋で、「猫を飼育していて、悪臭がひどい」と別の住人から市に相談がありました。市は猫の飼育をやめるよう再三にわたって指導しましたが、女性は応じませんでした。神戸市は今年4月、放置された53匹の猫を確認。部屋の消臭作業や傷んだ床の修理などの費用約1000万円について、女性に全額請求することを決めました。女性は「知らないうちに猫が増えた」と話しているということです。