一生に一度なのに着物届かず 新成人300人超被害か

01/08 18:02 更新

 着付け会場に現れなかった業者の店舗ではすでに荷物などが運び出され、もぬけの殻の状態だった。成人の日にもかかわらず、着物を着られなかった新成人たちからは困惑の声が上がっている。  大人としての門出を祝う成人式。和気あいあいで楽しく盛り上がるところがあれば、こちらは硬派な寒中みそぎ成人式。さっぽろ雪まつり会場では陸上自衛隊伝統の手荒い祝福も見られた。国内最大規模の成人式が開かれた横浜では突然、数人の新成人が壇上に上がろうとする騒ぎが発生。警備員らに阻止されるひと幕もあった。その横浜市の式典会場近くのホテルでトラブルが起きていた。成人式のための振り袖の販売やレンタル、着付けを手掛ける業者が突然行方をくらませたのだ。  着付けを依頼した人:「(Q.業者が会場に現れなくて…)ええっ!?」「(Q.連絡も取れない状況で…)ええっ!?」  業者の名前は「はれのひ」。この親子は午前10時半に着付けをしてもらう予定だったという。  着付けを依頼した人:「潰れちゃったってことかな?そういうこと?」  振り袖を持っていた人は他の業者などが着付けに対応。だが問題は、行方をくらませた業者に振り袖を預けたりレンタルする予定の人だった。  振り袖を預けた人:「(Q.振り袖は着られなかった?)着られないです、はい。お金というよりも気持ちの問題ですね。人生に一度の、この20歳の晴れの日ですよね。まさに名前が『はれのひ』なのにそれを壊してしまうような」  振り袖をレンタルする予定だった人:「(業者は)もぬけの殻…」「(Q.成人式は?)もう出ない…。出ないで…帰ります」「もう被害届出すしかないよね。非常に悔しいですね」  成人式に晴れ着が着られない事態は八王子店でも起きていた。  振り袖などを購入した人:「(Q.いくら支払った?)全部込みだと、たぶん40~50万」  振り袖を預けた人:「こういうおめでたい時にだまさないでほしいよね。一生に一回のことだと思うんでお金じゃないと思う」  「はれのひ」福岡天神店マネージャー:「私たちもはっきり分からなくて。社長は一切(電話が)つながらず、今年に入ってからは(連絡が)取れてない」  被害を訴えている人は八王子で100人以上。横浜では、関係者によると約200人いるという。現在、警視庁などが被害の実態を調べている。