合格101人も入学許可63人 不誠実と東京医大を非難

11/08 18:43 更新

 追加合格の対象となった101人について、希望すれば全員が入学できるようにすべきだと訴えました。  河合弘之弁護士:「希望者については、合格させるというのが間違いを修復する唯一の方法ではないか」  東京医科大学は7日、今年と去年に不正入試の影響で不合格となった受験生101人を追加合格の判定対象にすると発表しました。しかし、募集人員との関係で、このうち来年春の入学を認めるのは最大で63人になるという見通しを示していました。不正入試問題を受けて発足した弁護団は会見で、こうした姿勢を「不誠実だ」などと強く非難しました。弁護団は今後、この101人に対して補償などの希望を聞いていきたいとしています。