東京地検の新特捜部長「専門集団として力発揮を」

09/11 19:32 更新

 東京地検特捜部長に新たに就任した森本宏氏(50)が取材に応じ、「専門集団として力を発揮していくことが特捜部の使命だ」と述べました。  11日付で特捜部長に就任した森本氏は、特捜部に求められる役割について、「国民の方々が不公正・不公平だと思う事件を手掛けていくこと」だとして、「専門集団として力を発揮していくことが使命だ」と述べました。そのうえで、「水面下にあって見えないものをきちんと見つけ出して、刑事責任に問うべきものは問う」と意気込みを語りました。また、来年6月までに導入される司法取引については、「制度に対する理解を深めて、適切に運用できるよう準備していく」とする考えを示しました。森本氏はこれまで、法務省刑事局の課長を歴任するなど法務官僚としてキャリアを積む一方で、東京地検特捜部にも合わせて7年半在籍し、今回が5回目の勤務になります。