「老人ホーム入居の権利ある」と嘘 8000万円詐取か

09/07 11:58 更新

 「老人ホームに入居できる権利がある」などと嘘を言い、60代の女性から現金約8000万円をだまし取ったなどとして、詐欺グループのだまし役のリーダーら6人が逮捕されました。  堀井大輝容疑者(27)ら6人は今年6月、埼玉県の会社役員の女性(66)に「老人ホームに入居できる権利がある」などと電話で嘘を言い、現金7800万円をだまし取った疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、女性は入居する意志がない旨を伝えたところ、堀井容疑者らは別の電話で「あなたの入居権を利用させて下さい」と持ち掛けました。女性が承諾すると、今度は役所の職員を装って「権利貸しは違法で、全財産を没収される」などと言い、十数回にわたって金をだまし取ったということです。警視庁はだまし取った金の一部が暴力団に流れたとみて捜査しています。