ヒアリ駆除エサは「生態系影響の恐れ」 方針変更も

07/14 17:12 更新

 「生態系に影響が出る可能性がある」と指摘され、方針変更を検討しています。  東京・青海ふ頭では14日、環境省などがヒアリがいないか調査を行いました。ヒアリを巡っては、政府が11日の対策会議で、全国68の港にベイト剤と呼ばれる駆除用の餌(えさ)を設置することを決めました。しかし、専門家から「生態系に影響が出る可能性がある」などの意見が環境省に寄せられました。このため、環境省や国土交通省などは、ヒアリが確認された港のみでベイト剤を設置し、他はわなを仕掛けることで対応する方針を検討しています。