空き地から行方不明の男性 “死体遺棄”で男ら逮捕

11/10 08:01 更新

 9日、福島県の空き地から行方が分からなくなっている男性とみられる遺体が見つかり、警察は死体遺棄の疑いで男2人を逮捕しました。  福島県国見町の星久宏容疑者(39)とさいたま市に住む弟の星賢二容疑者(35)の2人は去年6月上旬ごろ、福島県下郷町の空き地に遺体を遺棄した疑いが持たれています。警察によりますと、去年6月ごろ、宇都宮市に住む40代の男性の行方が分からなくなっていて、この男性への傷害事件で逮捕されていた久宏容疑者が「男性の遺体を埋めた」などと供述したため、警察が捜索していました。警察は捜査本部を設置し、遺体が行方不明の男性とみて身元の確認を進めています。