ひき逃げで男性重体 タクシー運転手の男を逮捕

02/10 11:52 更新

 8日未明、東京・台東区の路上で59歳の男性が車にはねられて意識不明の重体になったひき逃げ事件で、37歳のタクシー運転手の男が逮捕されました。  タクシー運転手の中山健容疑者は8日、台東区浅草橋の路上で59歳の男性を車ではね、重傷のけがを負わせて現場から逃走した疑いが持たれています。男性は病院に運ばれ、肋骨(ろっこつ)などを折り意識不明の重体です。警視庁によりますと、防犯カメラには現場から逃走する中山容疑者の運転するタクシーが映っていたということです。取り調べに対し、中山容疑者は「道路で寝ている人をはね、声を掛けたが大丈夫と言われ、現場から立ち去った」と話しているということです。