東京は桜吹雪か 千種ゆり子の関東天気のタネ

04/06 17:55 更新

 関東の桜見頃エリアも南部から広がってきて、北部も平野部までほとんどのエリアで満開を迎えています。関東南部は週末は7日がラストチャンスとなりそうですが、7日のお花見は雨が降る可能性があります。まず、午前中のお花見なら傘なしで大丈夫ですが、正午から午後3時は北関東でちらほら雨雲がわきそうです。見頃を迎えたばかりの茨城県かみね公園や龍城公園でも念のためご注意下さい。  ブルーシートを敷いてお花見している人は、雨降っても短い時間の弱い雨なのでタオルで拭いて傘を差すので乗り切れると思います。そして、午後3時以降、雨の降りやすいエリア南部に移ります。夜桜スポットの千鳥ケ淵や大岡川でも念のため折り畳み傘をお持ち下さい。雨が降るということで、気温は高めですが北風が強めに吹くのでヒンヤリと感じそうです。7日は桜の写真を撮るなら午前中がおすすめです。  7日午前中は関東南部で晴れ間も。何とか青空と桜のコラボも撮れるかも。午後からは雨の可能性があるが、短い時間の雨で降らずに済む所もありそう。雨が降っても気温は高めで、20度くらいまで上がりそう。午後から風が強まるので東京は桜吹雪が楽しめそう。