白昼の公園で…女子高生「振り向きざまに刺された」

01/07 23:10 更新

 鹿児島市で16歳の女子高校生が腹などを刺され、犯人は今も逃走中とみられています。7日昼すぎの公園で何があったのでしょうか。  (林美沙希アナウンサー報告)  鹿児島市内の中心部から10キロほど離れた場所にある住宅街です。新しい住宅が立ち並んでいますが、高台のなかにある公園で事件は起きました。公園内で刺されたと午後1時ごろに女子高校生自らが110番通報しました。今は規制線が張られていてなかには入れませんが、女子高校生は、警察に対して「公園内を歩いていたところ、知らない男に後ろをつけられ、振り向きざまに刺された」と話しているということです。近所の人によりますと、この現場の公園は普段から高校生であったり、親子連れが使っているそうですが、それほど人通りは多くない場所だということです。女子高校生はお腹や背中などにけがをしていますが、意識はあり、命に別状はないということです。ただ、近所の住民の人は不安を抱えています。普段であれば日曜日ということもあって午後は散歩に出たり、外に出る人が多く、7日はこのようなことがあったため、皆さんは鍵を掛けて家の中で過ごしているそうです。警察は現在も100人態勢で捜査を続けています。