エンジンカッターでクラブ突入 警察立ち入り妨害か

02/04 11:58 更新

 東京・立川市のクラブで営業時間を確認する警視庁の立ち入り検査を妨害したとして、店長の男ら3人が現行犯逮捕されました。  立川市の「クラブサイン」の店長・白瀧政宏容疑者(36)らは3日未明、警視庁が店の営業時間を守っているかの立ち入り検査をする際、シャッターを閉めるなどして検査を妨害した疑いが持たれています。警視庁によりますと、白瀧容疑者らはこれまでも立ち入り検査を何度も妨害し、午前5時ごろまで時間外営業を繰り返していたということです。取り調べに対し、「店の売り上げを伸ばすために妨害した」と容疑を認めています。店はこれまでの約5年間で7億円ほど売り上げたとみられています。