上野駅に豪華ラウンジ 「四季島」乗車前に飲み物を

03/09 18:50 更新

 豪華寝台列車の専用ラウンジが公開されました。  JR東日本は、5月から運行を開始する豪華寝台列車「トランスイート四季島」の出発駅となる上野駅で、乗客専用のラウンジ「プロローグ四季島」を公開しました。高級外車「フェラーリ」もデザインした奥山清行さんがデザインを担当しました。室内はゆったりとしたスペースで、乗車前には飲み物などが提供されたり、ツアーを終えた後には乗客と添乗スタッフでパーティーも行われます。四季島は東北や北海道を1泊から3泊かけて周遊し、旅行代金は最低でも32万円からと高額になっています。