名指しされた島根で“最大規模”ミサイル想定訓練

09/06 18:49 更新

 これまでで最大規模のミサイル対応訓練が実施されました。  訓練は、弾道ミサイルが島根県の隠岐島近海に落下した想定で行われました。小学校でJアラートの音声が流れると、子どもたちが窓から離れた教室の中央に一時的に避難した後、体育館に避難する手順を確認しました。島根県によりますと、訓練には隠岐の島町役場の職員など約2000人が参加しました。ミサイル対応訓練としては、これまでで最大規模だということです。