【報ステ】同僚夫婦に“薬入り茶”事故で殺害図る?

07/11 23:30 更新

 千葉県印西市にある老人ホームの准看護師・波田野愛子容疑者(71)は5月、帰宅しようとしていた同僚の女性とその夫に睡眠導入剤を入れたお茶を飲ませ、交通事故を起こさせて殺害しようとした疑いで逮捕された。運転していた同僚の夫は眠気に襲われ、車線をはみ出して対向車と正面衝突する事故を起こし、2人は重軽傷を負っていた。波田野容疑者は先月、同じ勤務先の老人ホームで、別の同僚に睡眠導入剤を入れた飲みものを飲ませ体調不良にさせたとして逮捕されていた。調べに対し、波田野容疑者は睡眠導入剤を入れたことを認めているという。