北海道地震の死者35人に 安否不明者3人の捜索続く

09/09 06:20 更新

 北海道を襲った最大震度7の地震による死者は大きく増えて35人となりました。北海道厚真町では、安否の分からない3人の捜索が続けられています。  大規模な土砂崩れが起きた厚真町では、救出されて心肺停止だった松下陽輔さん(28)らの死亡確認が進んだため、北海道内の死者は35人、心肺停止状態の人は2人となりました。厚真町では依然として安否が分からない人が3人いて、警察・消防・自衛隊は1850人の態勢で捜索を続けています。震度6強を観測して1人が死亡した北海道むかわ町では、20軒の建物に全半壊の被害があることが分かりました。また、北海道内では4000人余りが避難を続けています。安倍総理大臣は9日、被災した厚真町などを視察する予定です。