1歳男児殺害 逮捕の母親を不起訴処分 横浜地検

07/13 23:43 更新

 神奈川県相模原市で当時1歳の男の子を窒息させて殺害したとして逮捕された母親の女性を、横浜地検は13日、不起訴処分としました。  太田真司被告(29)と内縁の妻の26歳の女性は去年9月、相模原市中央区の自宅アパートで女性の長男の福良颯人ちゃんを窒息させて殺害したとして先月に逮捕されました。横浜地検は今月13日、内縁の妻の女性を不起訴処分としましたが、理由については明らかにしていません。また、太田被告については、傷害致死の罪で起訴しました。警察での取り調べでは、女性は容疑を認めていて、太田容疑者は「子どもを殺すなんてやっていない」と否認していました。