運転手の首や胸などを包丁で…384円奪った疑いの男

01/07 11:52 更新

 名古屋市でタクシーの乗客の男が運転手を刃物で切り付けて現金などを奪ったとして逮捕されました。  強盗殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、韓国籍の自称・タクシー運転手、新井光泳容疑者(59)です。警察によりますと、新井容疑者は6日午後9時ごろ、名古屋市中村区で客として乗っていたタクシーの車内で運転手の男性(64)の首や胸などを包丁で切り付け、現金384円が入った小銭入れなどを奪った疑いが持たれています。運転手の男性は命に別状はありません。新井容疑者は約4時間後に逮捕され、「切り付けたことは間違いない」「お金が欲しかった」と話しているということです。