関東の広範囲で雪 都心でも1cmの積雪を観測

02/02 05:50 更新

 日本の南を通過する低気圧の影響で関東の広い範囲で雪が降っていて、都心でも1センチの積雪が観測されています。JR八王子駅前から報告です。  (社会部・森本富人記者報告)  JR八王子駅前では1日から雪が降り始めて、今は細かい雪がパラパラと降っている程度です。すでに通勤や通学する人が次々と駅に向かっていますが、ブーツを履いたり1枚多く服を着込んだりと雪の対策をしてきたと話す人もいました。2日朝から、JRは始発から通常通り運転しています。私鉄各線もおおむね通常通り運転していますが、小田急のロマンスカーは始発から当面の間で運転を見合わせています。日本道路交通情報センターによりますと、先月の大雪で立ち往生した首都高速中央環状線の山手トンネルで雪のため、全線通行止めになっています。また、中央自動車道や関越道では広い範囲でチェーン規制がかかっています。空の便では日本航空などで羽田空港発着の広島便など、30便がすでに欠航となっています。この後の通勤・通学の時間帯にかけて十分に警戒が必要です。