グループホーム火災で元代表に執行猶予付き有罪判決

02/01 13:52 更新

 2013年に長崎市のグループホーム「ベルハウス東山手」で入所者5人が死亡した火災で、業務上過失致死傷の罪に問われたグループホーム運営会社の元代表・桝屋幸子被告(66)に対し、長崎地裁は禁錮2年、執行猶予4年の判決を言い渡しました。