機内のトイレに隠れ…JAL国際線の乗務員がビール

06/06 18:44 更新

 男性の客室乗務員が乗客に出すビールをトイレで隠れて飲んでいました。  日本航空によりますと、先月22日、ホノルルから関西空港に向かっていた旅客機のトイレで、20代の男性乗務員が乗客にサービスで出すビール1缶を持ち込み、隠れて飲んだということです。離陸から3時間ほど経って、乗客からトイレにビールを持ち込んだ乗務員を目撃したという情報が寄せられ、その後の社内調査で明らかになりました。乗務員は「休憩で良く眠れるように交代前に飲んでしまった」と話しているということです。国土交通省は6日、日本航空に対して厳重注意しました。