大阪や滋賀など9人死亡 倉庫の下敷き…屋根転落

09/05 07:03 更新

 台風21号の影響で、これまでに大阪や滋賀などで合わせて9人が死亡しています。  滋賀県東近江市の金属加工会社では、作業をしていた71歳の男性が倉庫の下敷きになって死亡しました。大阪府堺市では75歳の男性が死亡。男性は自宅の2階のベランダで、風で吹き飛んだ屋根の一部を取ろうとして転落したということです。また、大阪府豊中市のマンションで男性が倒れているのが見つかり、その後に死亡しました。5階に住む90歳の男性とみられます。男性は、突風にあおられてベランダから落下した可能性があるということです。このほか、三重県四日市市で70代の男性が屋根から転落して死亡するなど、台風による死者は合わせて9人となっています。