ピコ太郎と小池知事が「ウンッ!」LED電球普及をPR

07/10 12:52 更新

 家庭での省エネを推進するため、東京都は家庭で使っている白熱電球2個をLED電球1個に無償で交換する事業を始めました。  小池知事&ピコ太郎:「皆で省エネLED。皆で省エネ東京都。ウンッ!!!」  この事業は、都内の各家庭で使っている白熱電球2個以上をLED電球1個と無償で交換するものです。協力している家電店831店で受け付け、1人1回、交換できます。期間は10日から1年間で、都が用意したLED電球100万個がなくなり次第、終了するということです。都はこの事業で、都庁の排出量の2年半分にあたる約4万4000トンのCO2の削減につながるとしています。