刺し傷、心臓にまで…強い殺意か 品川・男女殺害

07/12 11:57 更新

 東京・品川区の住宅で男女2人が殺害された事件で、2人とも心臓にまで達する刺し傷があったことが分かりました。  10日、品川区西大井の住宅で、井上しのぶさん(75)と韓国籍の菅野樹治さんことキム・スチさん(53)が何者かに刺されて殺害されているのが見つかりました。警視庁によりますと、2人は首や胸に刺し傷が集中していて、司法解剖の結果、死因は刃物で複数箇所を刺されたことによる失血死だったということです。その後の捜査関係者への取材で、2人とも心臓や肺にまで達する刺し傷があったことが分かりました。井上さんの上半身には10カ所以上の傷があったということです。警視庁は犯人が強い殺意を持って犯行に及んだとみて調べています。