新幹線3人死傷 容疑者の母「思いも及ばず」

06/12 18:25 更新

 新幹線の車内で男が乗客を襲って3人を死傷させた事件で、死亡した男性には刺し傷などが60カ所以上あったことが分かった。一部は骨まで達していたということだ。  走行中の新幹線車内で男女3人を切り付け、11日に殺人容疑で送検された小島一朗容疑者(22)。その母親がコメントを発表した。母親を驚きと後悔で苦しませた小島容疑者の凶行。捜査関係者への取材で、殺害された梅田耕太郎さん(38)には刺し傷や切り傷が60カ所以上あったことが新たに分かった。死因は首を切られたことによる失血死。傷の一部は骨まで達していた。また、取材陣が訪れるまで事件の詳細を知らなかった父親は12日、改めて取材に応じた。「むしゃくしゃしてやった」と話した小島容疑者。新たに「ナタと果物ナイフは事件直前に長野で購入した」と供述していて、警察が購入先を調べている。