タイヤ8本盗んだ疑い 「SUBARU」社員の男逮捕

05/11 22:40 更新

 群馬県太田市の駐車場で、車からタイヤを取り外し、盗んだとして大手自動車メーカー「SUBARU」の社員の男が窃盗の疑いで逮捕されました。  SUBARU社員の梶村健太容疑者(30)は先月15日、太田市の駐車場で、駐車中の車2台からタイヤ8本(76万円相当)を取り外し、盗んだ疑いが持たれています。警察によりますと、埼玉県内の中古タイヤ販売店がインターネット上で盗まれたタイヤを販売していたことに被害者が気付き、警察が捜査したところ、梶村容疑者が浮上しました。取り調べに対し、梶村容疑者は「借金があった」と容疑を認めているということです。