「ドーンと鈍い音」路線バスが植え込みに突っ込む

09/08 17:16 更新

 回送中の路線バスが歩道の植え込みに突っ込みました。  目撃者:「ドーンと鈍い音で音だけですね。大きい音」  8日午前10時半すぎ、東京・足立区の路上で「バスが事故を起こした」などと110番通報がありました。警視庁などによりますと、40代の運転手の男性が運転していたバスが植え込みに突っ込んだということです。バスは回送中で乗客はおらず、運転手の男性や通行人にけがはありませんでした。警視庁は、運転手の男性から詳しく話を聞くなどして事故の原因を調べています。