千葉で男性が胸を深く刺され失血死 殺人事件と断定

07/11 05:58 更新

 千葉県香取市の路上で71歳の男性が死亡していた事件で、男性は胸を深く刺されたことによる失血死だったことが分かりました。警察は殺人事件として断定し、捜査しています。  9日午後0時半ごろ、香取市富田の路上で、近くで一人暮らしをしていた岡田幸志さんがうつぶせで倒れ、死亡しているのが見つかりました。警察によりますと、司法解剖の結果、岡田さんは心臓を損傷したことによる失血死だったことが分かりました。自宅に争った跡はありませんでした。警察は、胸に心臓まで達する刺し傷があったことから殺人事件と断定し、交遊関係やトラブルを抱えていなかったのかなど調べています。