区職員装い“還付金詐欺” 70代女性、200万円被害

05/15 17:27 更新

 区役所の職員をかたり被害者を信用させていました。「医療費の還付金がある」などと嘘の電話で現金をだまし取っていた疑いで男を逮捕です。  兵庫県尼崎市の飲食店経営・松本伸也容疑者(35)らは去年12月、東京都の70代の女性宅に区役所の職員を装って「医療費の支払いが多く、還付金がある」「きょう中に手続きをすれば2万円が戻る」と嘘の電話を掛け、現金約200万円をだまし取った疑いが持たれています。去年6月以降、同じような手口で6都府県の約20人が合わせて約1300万円の被害に遭っていて、警察が余罪を調べています。