トンネル出入り口で…トラックが路線バスと正面衝突

09/06 17:09 更新

 下り坂を走っていたトラックが反対車線にはみ出し、バスと正面衝突しました。  6日午前8時半ごろ、山形県白鷹町の国道348号「白鷹トンネル」の出入り口で、トラックが反対車線にはみ出し、路線バスと正面衝突しました。この事故で、トラックを運転していた宮城県塩釜市の遠藤鉄二さん(38)が死亡し、バスの運転手と乗客合わせて7人が軽いけがをしました。警察によりますと、トラックは緩い左カーブを下っていたということです。この事故の影響で、国道348号は約3時間にわたって全面通行止めとなりました。