大韓航空機から部品落下か ゴム製部品無くなる

11/08 11:59 更新

 7日夜、成田空港に到着した大韓航空機から機体の翼にあった部品がなくなっているのが分かりました。  午後9時前、韓国の仁川空港から成田空港に到着した大韓航空機で、翼に取り付けられていた重さ約300グラムのゴム製の部品1つがなくなっているのが着陸後に分かりました。空港会社が滑走路を一時、閉鎖して調べましたが、部品は見つかりませんでした。飛行中に落下した可能性もあるとみて大韓航空が原因を調べています。航空機からの落下物を巡っては、国土交通省が6日に有識者による会議を初めて開き、落下物を防ぐ対策の検討を始めています。