台所で妻が血を流し死亡 体が不自由な夫は2階に

10/30 18:43 更新

 70代の女性が台所で血を流して死亡しているのを近所の人が見つけた。  30日午前9時すぎ、広島県呉市の住宅で70代の女性が胸の辺りから血を流して死亡しているのを近所の人が発見した。遺体で見つかった女性はこの家に住む神垣朝光さんの妻とみられ、刺された可能性が高いという。女性が見つかったのは1階の台所で、夫は当時、2階の部屋にいた。近所の人によると、夫は病気で寝たきりで妻は夫の介護もしていたという。夫婦が暮らす家で一体、何があったのか。現場には何者かが侵入したような形跡はなく、警察が捜査を進めている。