フェンシング太田雄貴さん 国際連盟の副会長に

12/07 23:24 更新

 日本フェンシング協会会長の太田雄貴さんが日本人として初めて国際フェンシング連盟の副会長に選ばれました。  太田さんは33歳で北京オリンピックとロンドンオリンピック・フェンシング競技で銀メダルを獲得しています。日本時間7日午後10時ごろ、パリで開かれた国際フェンシング連盟の理事会で国際フェンシング連盟の副会長に選ばれました。  国際フェンシング連盟副会長・太田雄貴氏:「105年の歴史がある国際フェンシング連盟の副会長ということで、非常に重責だと思っている。頑張らなければならないとの気持ちでいっぱい」  太田さんは「ルールを決める中枢に日本人が入っていける」と副会長就任の意義を強調しました。