アーバンスポーツ通じて最新技術や商品を世界に発信

11/13 23:35 更新

 若者に人気のアーバンスポーツを通じて最新技術や商品を世界に発信する取り組みが始まっています。  13日に開かれたイノベーションワークショップでは、BMXやスケートボードなどアーバンスポーツが一堂にそろう世界大会「FISE広島」を通じて国内の大手企業が最新の技術や商品を世界に発信しようという取り組みが紹介されました。この取り組みを推進しているのが先月、国際オリンピック委員に就任した渡辺守成さんです。  日本アーバンスポーツ支援協議会・渡辺守成会長:「若者に人気があるアーバンスポーツを盛り上げることで2020東京五輪が盛り上がる。(企業にとっての)見本市がFISEであり、オリンピックだ。企業の新しい取り組みを紹介して商品化される成功事例をFISEで作っていきたい。イノベーションされたものがいずれはスポーツの発展につながっていく。FISEで成功したら2020東京五輪でも取り組んで頂いて、スポンサー企業にスポンサーして良かったというオリンピックに変えていきたい」  今年開かれたFISE広島には延べ8万6000人が来場しました。来年4月もまた広島で大会が開催される予定です。