清宮選手が高校通算111号…残念ながらカナダに敗戦

09/09 11:53 更新

 野球のU18、18歳以下のワールドカップで日本はカナダと対戦しました。清宮幸太郎は高校通算111号を放ちました。  悲願の初優勝を目指す日本は、地元カナダとの対戦です。2点を追う5回、キャプテンの清宮。バックスクリーン直撃のホームランは高校通算111号。日本はこれで1点差に迫ります。しかし、7回、カナダにタイムリーなどで追加点を許し、日本は再び2点を追いかける展開になります。8回、ランナー2人を置いて、清宮。日本はあと1本が出ず、6-4で破れました。2敗となった日本。日本時間の10日未明に行われる韓国戦がカギです。