日本、2ゴールでUAEに快勝 サッカーW杯最終予選

03/24 05:50 更新

 アウェーで因縁の相手に快勝です。サッカー、ワールドカップ最終予選で、日本がUAE(アラブ首長国連邦)を2-0で下しました。  去年9月にホームで敗れた相手、UAEとアウェーで対戦した日本は前半14分、久保裕也(23)の代表初ゴールで先制します。前半20分にはUAEに決定的なチャンスをつくられますが、キーパー・川島永嗣(34)がスーパーセーブ。ベテランがチームを救います。そして後半7分、2年ぶりに代表へ復帰した今野泰幸(34)にもゴールが生まれ、日本が快勝。次は28日、ホームでタイと激突します。  代表初ゴール、FW・久保裕也:「フリーだったので振り抜こうかなと思って。うまくいって良かったです。しっかりチームに貢献したいと思っていたので、それができたかなと思います」  代表復帰戦でゴール、MF・今野泰幸:「(Q.自身のゴールについて)まあ、奇跡ですね。難しい試合になることは分かっていたんですけど、誰が点を取ってもいいから勝ち点3を持って帰ることに集中していたので、それが達成できて満足しています」