サッカー天皇杯 延長戦の末、セレッソ大阪がV

01/01 23:19 更新

 サッカーの天皇杯決勝は、セレッソ大阪と横浜F・マリノスが対戦。  4万人を超えるサポーターが駆け付けた元日決戦。試合を動かしたのは白のユニホームのF・マリノス。前半8分、下平のクロスに伊藤翔。リーグ戦未勝利のセレッソ相手に先制点を奪います。一方のセレッソは後半20分。水沼がシュート、こぼれ球に山村。同点に追い付き、勝負は延長戦へ。延長前半5分でした。山村のクロスに走り込んだのは水沼。劇的な逆転勝利で、F・マリノスとの死闘を制したセレッソ。今シーズン2冠目を手にしました。