女子団体パシュートで金 冬季五輪最多のメダル獲得

02/22 05:50 更新

 平昌(ピョンチャン)オリンピック、スピードスケート女子団体パシュートで日本が金メダルを獲得しました。日本は今大会11個目のメダルとなり、冬のオリンピックで過去最多となりました。  今シーズン3度、世界記録を更新している日本。決勝は高木姉妹と佐藤綾乃で臨みます。一糸乱れぬチームワークで金メダルを獲得した日本。これで今大会、日本は11個目のメダルとなり、1998年の長野大会を超えて冬のオリンピックで過去最多となりました。  高木美帆(23):「自分の力だけではなくて、皆だったから取れた金メダルだと思って本当に感無量です」  佐藤綾乃(21):「ここまで一緒にやってきた先輩たちに感謝の気持ちでいっぱいです」  高木菜那(25):「皆で力を合わせたというところが、この金メダルにつながったと思います」