レジェンド葛西超え…小林陵侑が日本男子初の7勝目

01/05 11:47 更新

 ノルディックスキーのワールドカップジャンプで小林陵侑(22)が日本男子初のシーズン7勝目を挙げました。  ワールドカップ3連勝中と絶好調の小林は1回目、最長不倒となる136.5メートルの大ジャンプを見せて2位に大差をつけます。そして、2回目でもヒルサイズを超える131メートルをマークして逃げきりました。日本男子初となる4連勝、葛西紀明を超えるシーズン歴代最多の7勝目を挙げました。小林は4戦で行われるジャンプ週間で3連勝していて、4連勝で総合優勝を果たせば船木和喜以来、21年ぶりの快挙になります。