KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

リンク:KBC高校野球応援サイト

KBC共通メニューをスキップ

リハビリテーション

 
今回、リハビリテーションについてお話を伺ったのは
長尾病院 院長の服部文忠(はっとり ふみただ)先生です。

■リハビリテーションとは

病気や外傷で障害をきたすと
社会生活や家庭生活に支障が生じます。
そのような際、再び社会生活や家庭生活が出来るように
支援する働きかけをリハビリテーションと言います。


■リハビリテーションが必要となる病気

脳卒中をはじめ、高齢者に多い
大腿骨頸部(だいたいこつけいぶ)の骨折、
腰椎(ようつい)の圧迫骨折。
さらには手足の震えなど動作にさまざまな不具合が起こる
パーキンソン病といったものが挙げられます。
ただリハビリテーションは効果が上がっても
それを維持するのが大変難しいのが現状です。
病院での訓練で日常生活の動作レベルが上がっても、
自宅に帰ってあまり動く機会がないと、
せっかく獲得した能力が低下してしまいます。


■起立訓練

椅子から立ったり座ったりを繰り返す訓練法です。
足の力を使って立ち上がりますが、
実際には全身の筋肉を使っているので
歩行障害のリハビリテーションには非常に大事な訓練です。
特に足腰の弱った高齢者や脳卒中の人に有効だとされています。
その一方で起立訓練は運動が単純な中で
回数をこなす必要があるので
なかなか続かないという問題があります。


■「起立くん」とは

介護施設向けに誕生した
リハビリテーション用のテレビゲーム機器で、
「楽しく起立訓練を」というキーワードのもとに開発されました。
現在は福岡市の長尾病院ほかで使用されています。
きっかけは、あるパーキンソン病の患者さんで
市販のテレビゲームを使って体を動かしていたとき
非常に楽しいと思ったそうで、
「テレビゲームをリハビリテーションに使えませんか?」
というひと言でした。
これを受けてリハビリテーション支援用ゲームとして
九州大学大学院 芸術工学研究院と
長尾病院の共同開発によって生まれました。


■先生よりまとめ

「起立くん」が全てのリハビリテーションに
取って代わるわけではありません。
問題は維持期のリハビリテーションです。
病院で獲得された能力が自宅に帰ると落ちてしまう
と言う現実があるので、
リハビリテーションを担当しているデイケアやデイサービス、
あるいはリハビリスタッフが少ない、いないような施設で
このゲームを使うと維持期のリハビリができる、
さらには介護予防にも使えると考えています。


■補足

さまざまな病気が蔓延する現代では
リハビリテーションは社会復帰を目指す上で
欠かすことのできない大切なものです。
今回紹介した「起立くん」による訓練。
“楽しくリハビリ”をという新しい取り組みは
今後のリハビリテーションの形を変えてくれるかもしれません。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます