KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

宗像 沖ノ島〜祈りの原点をたずねて〜

KBC共通メニューをスキップ

飲みすぎに注意!

 
今回、飲みすぎに注意!についてお話を伺ったのは、
済生会福岡総合病院 消化器内科 主任部長の
吉村 大輔(よしむら だいすけ)先生です。


■飲みすぎとは

飲みすぎとは自分の適切な量のアルコールを越えて
飲んでしまったときに起こる症状です。
むかむか、吐き気、頭痛、気分の悪さなどの症状があります。


■二日酔いの原因

二日酔いの原因はアルコールが体に入った際に
分解されてできるアセトアルデヒドです。
アセトアルデヒドが体の中にたくさん溜まることによって
頭痛や吐き気などの症状が起こると考えられています。
アルコールはアセトアルデヒドに分解された後、
酢酸から二酸化炭素と水になって体から排出さます。


■処理能力

一般的に肝臓が処理できるアルコール量は
平均で1時間におよそ5gです。
処理能力には個人差がありますが、
例えば中ジョッキのビール1杯分を処理するのに
8時間程度かかるといわれています。
一般的な適量はアルコールに換算しておよそ20グラム前後で、
日本酒だと1合ぐらいが目安となります。


■二日酔い対策

飲む前に食べ物を少しお腹に入れておくと、
アルコールを吸収するスピードが少しゆっくりになって、
二日酔いや悪酔いをしにくくなると考えられています。


■二日酔いになったら

二日酔いに効くお薬や食べ物はないので、
安静にして水分をとりましょう。
ミネラル分の入ったスポーツドリンクがより効果的です。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます