KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

性感染症

 
今回、性感染症についてお話を伺ったのは、
産業医科大学医学部 泌尿器科学講座 教授の藤本直浩(ふじもと なおひろ)先生です。

■性感染症とは

性感染症は性的接触によって感染する病気と定義されていて、
性器同士の接触だけではなく口を使った性行為によっても
感染が広がります。
特に出血を伴う性行為は感染のリスクが高いので要注意です。
性感染症に感染しても症状が出なかったり軽かったりして、
病気に気づかない人も少なくありません。
気づいても恥ずかしさから病院を受診しにくいなどの理由で、
正しい治療を受けられずに感染がいつの間にか広がってしまうことが問題視されています。
また女性が感染すると不妊の原因になることがあり、
妊娠中であれば胎児や新生児への母子感染が起きて赤ちゃんに影響が及ぶこともあります。


■性感染症の種類

性感染症には梅毒や淋病、クラミジア、
尖圭(せんけい)コンジローマ、性器ヘルペス、エイズなど
さまざまな種類があります。
性的接触で感染することからB型肝炎やC型肝炎などの
ウイルス性肝炎も含まれます。
なかでも急増しているのが梅毒です。
梅毒は発症しても症状が消える時期があるため気づきにくく、放置すると命に関わりますが、
2010年以降の6年間で患者数は7倍以上になっています。
梅毒の女性患者は20代が多いのに対して、
男性患者は20代から40代にかけてと、幅広い年齢層に
広がっています。
また梅毒と重複感染しやすいのがエイズです。
原因ウイルスであるHIVの感染者はおよそ30年前から増え始め、
2008年以降はほぼ横ばいの状態が続いています。
新規患者の9割以上を男性が占めていて、
その過半数は同性間の性的接触が原因とされています。


■性感染症と受診

性感染症疑いで受診するきっかけは、
男性であれば排尿痛、女性であれば おりものなど何らかの症状がある場合、
次に性交渉を持った相手が性感染症と診断された場合。
ほか、女性では妊娠時の検査で見つかるケースが多いです。
病気によっては感染直後に検査をしても感染の有無が分からないこともあるので、
もし性感染症が心配な場合は、
気になる行為をしてから2週間ほど経過して受診すると良いと思います。
性感染症で何科を受診すれば良いか分からないという声も聞きますが、
男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科を受診するのが一般的で、
発疹など皮膚に異常が見られる場合は皮膚科でも結構です。


■性感染症の注意点

性感染症の多くは感染したからといって必ず症状が現れるとは限りません。
そのため感染しても気づかないまま、パートナーに性感染症をうつしてしまう危険があります。
もしも性感染症であることが分かった場合は、
パートナーなど性的関係を持った相手にも病院の受診を勧めましょう。
そしてパートナーも感染していた場合は一緒に治療を受けることが大切です。


■性感染症の治療

性感染症の治療は薬物療法が基本です。
特に内服薬の場合には治療の途中で症状が治まっても
必ず決められた量を最後までしっかりと服用することが大事です。
そして治療が終わったら病院を受診して治ったかどうかの確認を必ず医師にしてもらって下さい。
治療が中途半端だと再発することもあるので注意が必要です。
また感染症の中には、1度感染すると免疫ができて、
その後は感染しにくくなるものもたくさんありますが、
性感染症ではほとんど免疫がつかないので、同じ病気にくり返し感染する人が少なくありません。
性感染症の治療後は問題のある行為や行動を改めて、予防を心がけることが大切です。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます