KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

ヒートショック

 
今回、ヒートショックについてお話を伺ったのは、
九州大学大学院 医学研究院 応用病態修復学講座 
准教授の小田代 敬太(おだしろ けいた)先生です。


■ヒートショックとは

ヒートショックとは温度の急激な変化によって
血圧が急に上下することで体にいろいろな悪影響が出るというものです。
寒い時期は屋内でも場所によって大きな温度差が出る場合があります。
ヒートショックは圧倒的に高齢者に多いとされています。


■屋内でヒートショックを起こしやすい場所

屋内でヒートショックを起こしやすいのは脱衣所と浴室です。
寒い時期、リビングは暖房器具で暖かくしていても、
脱衣所や浴室は冷えたままというところが多く、
また比較的 古い建物はマンションに比べて気密性や断熱性が低いので、
より温度差が大きくなります。


■血圧の変動

血圧は寒暖差で急激に変動します。
暖房が効いているリビングでは血管がゆるんで血圧は下がります。
しかしリビングから寒い脱衣所で服を脱ぐと
血管が収縮して血圧は上がります。
寒い浴室に入るとさらに上がるのですが、
温かいお湯につかると今度は一転、血圧は大きく下がります。


■自律神経の関わり

血圧の変動には自律神経が大きく関係しています。
自律神経とは自分の意思に関係なく体の状態をコントロールする神経で、
交感神経と副交感神経があります。
寒い時には交感神経が優位になって血圧が上がります。
暖かい時には副交感神経が優位になって血圧が下がります。


■自律神経と高齢者

自律神経が関係する血圧の乱高下は
血管の柔軟性がなくなっている高齢者には大きな負担になります。
お湯につかった後、急に立ち上がることで
低血圧状態からめまいや失神を起こして
浴槽の中で溺死する場合も少なくありません。
消費者庁の調べによると、
入浴中に溺死した人のおよそ9割が高齢者とされています。


■高齢者以外も注意

血管の壁が硬く厚くなる“動脈硬化”があると、
血管内の壁に“プラーク”と呼ばれる脂肪分の塊ができます。
ヒートショックによる急な血圧の変動が続くとプラークがはがれやすくなり、
それが血管内で詰まることで心筋梗塞や脳梗塞につながる恐れがあります。


■予防・対策

ヒートショックを起こさないための予防・対策として
衣服を脱ぐ前に脱衣所は暖房器具で、
浴室はお湯の蒸気で中を十分に暖めておきましょう。
お湯に肩までつかると水圧で心臓に負担がかかるので、
お湯は胸の高さくらいまでにしましょう。
熱すぎるお湯も心臓に負担をかけてしまうので、
ぬるめのお湯で入浴時間は10分以内に。
お湯につかっているときは血圧が下がっています。
浴槽から出るときにはめまいや失神につながらないようにゆっくり立ち上がりましょう。
また飲酒後・食後は血圧が下がることが多いとされるので、
直後の入浴は控えてください。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます