KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

副鼻腔炎

 
今回、副鼻腔炎についてお話を伺ったのは、
済生会福岡総合病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
主任部長の小山 徹也(こやま てつや)先生です。


■副鼻腔炎とは

副鼻腔炎とは、“副鼻腔(ふくびくう)”と呼ばれる鼻周辺の骨に広がる空洞に炎症が起こって膿が溜まる病気です。
鼻が詰まる、夜眠れない、においがしないといった症状から
全体的な体調不良につながることがあります。


■鼻の仕組み

鼻は鼻腔と副鼻腔に分けられ、
鼻腔は鼻の入り口から喉までの部分、
副鼻腔は鼻腔を囲む骨にある大小の空洞部分をいいます。
副鼻腔は上顎洞(じょうがくどう)、篩骨洞(しこつどう)、
前頭洞(ぜんとうどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)からできています。
その役割はよく分かっていませんが、
声が通るように共鳴箱のような働きをする、
骨に空間を作ることで首から上を軽くするといったことが考えられています。


■副鼻腔炎の種類

副鼻腔炎は大きく分けると、
急性の副鼻腔炎と慢性の副鼻腔炎があります。
急性では風邪を引いた後に頬や歯、目の奥が痛む、
あまり経験したことがないような黄色や緑色の鼻汁が出る、
といった症状が起こります。


■急性副鼻腔炎の治療

急性副鼻腔炎の治療では薬物療法の他に、
痛みの原因となる溜まった膿の吸引や副鼻腔内の洗浄が行われ、
通常では2週間程度で症状は改善するとされています。


■慢性副鼻腔炎

これに対して慢性副鼻腔炎は、
急性副鼻腔炎が長引いて慢性化するものもあれば、
最初から慢性副鼻腔炎として軽い症状が長く続いているものもあります。
慢性副鼻腔炎では急性のような痛みはあまりなく、
鼻水が出る、鼻が詰まる、臭いが分かりにくい、なんとなく体がだるいといった症状が続きます。


■好酸球性副鼻腔炎

以前は慢性副鼻腔炎というと細菌感染が長く続いて起こるようなものが多かったのですが、
最近多いタイプの慢性副鼻腔炎として“好酸球性副鼻腔炎”があります。
好酸球性副鼻腔炎とは白血球の一種である好酸球が
副鼻腔内に集まって炎症が起きるものです。
より粘り気のある鼻水などとともに、
“鼻たけ”と呼ばれるポリープが見られます。


■好酸球性副鼻腔炎の治療

好酸球性副鼻腔炎では多くの場合、
気管支ぜんそくを併発していることが多いので、
気管支ぜんそくの治療薬にもなる飲み薬と、
鼻にスプレーするステロイド薬で症状を抑えます。
場合によっては飲み薬のステロイド薬を使います。


■まとめ

急性副鼻腔炎はだいたい2週間ぐらいで自然に治りますが、
その期間にうまく治らないと慢性化してなかなか症状が良くならないことがあります。
風邪を引いたあと 鼻の症状が1週間、痛みをともなって続く場合には
耳鼻咽喉科で適切な治療を受けることをおすすめします。
急性副鼻腔炎は風邪をきっかけに起こりやすいので、
予防対策は何より風邪を引かないことが大事です。
日ごろからこまめにうがい、手洗いを心がけましょう。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます