KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

薬と薬局

 
今回、薬と薬局についてお話を伺ったのは、
福岡市薬剤師会 専務理事の燒リ 淳一(たかき じゅんいち)先生です。


■薬と薬局とは

現在、医師が処方した処方箋をもとに薬局が調剤する医療用医薬品は
およそ16000品目にのぼります。
また薬局の軒数は全国でおよそ59000軒を数え、
薬と薬局は私たちの健康的な毎日と密接に関わっています。
今、“地域に根付いた薬局”として
薬剤師が活躍することが求められているので、
日常の生活の中で健康について何か相談したいことがあったときには
薬剤師さんを上手に活用してください。


■薬についてあれこれ

服用時間の“食前”は食事の30分くらい前。
“食後”は食事のあと30分以内。
“食間”は食事の2時間後が目安です。
もし飲み忘れを思い出したときには、
そのときにすぐ飲むのが基本ですが、
例えば、朝・昼・夜3回飲む薬で、朝の分を飲み忘れたとき、
昼の分を飲む時間が近ければ1回とばして昼の分から飲みましょう。
服用方法は薬によってさまざまなので、
飲み忘れたときの対処法は薬をもらうときに事前に薬剤師に確認しておくとよいと思います。

薬は水や白湯と一緒に飲みましょう。
水なしで服用すると食道に張り付いてそこで炎症が起きたり、
溶けにくくなって効果が落ちたりすることがあります。

最近では、水を飲むことなく、唾液で溶かして飲む薬も増えています。
食べ物をうまく飲み込めない高齢者などに適したものですが、
薬を確実に胃に送るため、
少量でもいいので水や白湯を飲んだ方がよいです。
近くに水がない場合は唾を溜めて飲み込むのも方法です。


また服用時には、食べ物との飲み合わせにも気をつけましょう。
一部の血圧の薬とグレープフルーツとの飲み合わせ(食べ合わせ)には注意が必要で、
たとえ、服用と時間をずらしてグレープフルーツを飲んだり食べたりしても、
ふらつき、立ちくらみ、めまいなどの副作用が出ることがあります。
また、血を固まりにくくするワルファリンという薬はビタミンKが増えるとその効果が弱くなるとされ、
多く含むクロレラや青汁、ビタミンKを増やす納豆などは控える必要があります。
用法・用量、飲食物との飲み合わせ・食べ合わせ、
他の薬との飲み合わせなどは
薬をもらうときに必ず薬剤師が説明するので、
それらをしっかり守るのが大事です。


■お薬手帳

お薬手帳は薬の種類や量などを記録して、
これまでに服用した薬をまとめて管理するものです。
お薬手帳は一冊にまとめておきましょう。
一冊にまとめられていないと、違う病院で同じ薬を処方されたり、
危険な飲み合わせが生じたりすることがあります。
また近年、国内で起きた災害時では、避難者が薬を自宅に忘れても、
お薬手帳を持っていたことでスムーズに薬を処方してもらえたケースも多くあったそうです。


■かかりつけ薬剤師

かかりつけ薬剤師とは私たちの健康に関するあらゆるケアを目的として
2016年から始まった国の制度です。
かかりつけ薬剤師は飲み合わせや副作用の確認、手元に残った残薬の整理など、
服用中の薬に関する情報を一括して管理します。
他の病院でもらっている薬の相談に応じます。
また24時間対応で薬に関する相談に応じたり
必要があれば医師に問い合わせや提案も行っています。


■まとめ

薬剤師は日ごろから、
店頭で処方箋を渡しながら患者さんの顔色や動きを見て、
副作用が出ていないかなど、しっかり観察をして
何か気になることがあったら医師に報告することもあります。
それを考えると、対面でしっかり患者さんを見ながら薬を渡すのは大事なことだと思います。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます