KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

五月病

 
今回、五月病についてお話を伺ったのは、
福岡大学病院 精神神経科 外来医長の
飯田 仁志(いいだ ひとし)先生です。

■五月病とは

五月病は、ストレス障害の一種である適応障害のひとつで、
新しい環境がストレス因子となって症状が出ます。
具体的には初めての一人暮らしなどといった環境の変化、
職場での人間関係の問題、
理想と現実とのギャップなどが挙げられます。
新しい環境になって最初は緊張感をもって過ごし、
その場に適用しようと頑張るのですが、
ゴールデンウィークを過ぎたあたりから
疲れが溜まってきます。


■五月病の症状

五月病では疲れやすい、やる気が起きない、
食欲がわかない、夜眠れない、孤独感を感じるなど、
心身にさまざまな症状が見られます。
症状が出たら、
周りの人に自分の変調を伝えることが大事です。
またどんなときに体調が悪くなるのか、
その前後にどんなことが起きるのかを
把握することも大事です。


■五月病とうつ

五月病は一時的なもので、
通常では自然に軽くなるとされています。
しかし、症状がなかなか改善せずに長引く場合は、
うつ病などが疑われることもあります。


■五月病の予防・対策

五月病の予防・対策は、
五月病にならないようにするというよりも、
自分にも五月病が起こるのではないかと意識して、
調子が悪いときには「無理をしているかな」といったことに
早く気づくことです。


■五月病になってしまったら

それでも五月病になったら、まず休息をとりましょう。
基本的なことですが、
しっかり食べてしっかり寝ることが大事です。
また旅行や軽い運動など、
自分なりの楽しみを見つけることも大事です。


■まとめ

五月病は“心の注意信号”です。
自分がそういう状態にあることをいち早く気づいて、
注意信号が黄色から赤にならないように
日頃から注意することが大事です。
また周りの人は元気をなくしている人に
「ガンバレ!」などと無理に励ますことなく、
温かく見守ったり、話をよく聞いてあげたりしましょう。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます