KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

もう1人で悩まない!リンパ浮腫

 
2009年2月28日放送

今回お話を聞くのは
九州中央病院副院長リンパ浮腫センター長の北村薫先生

リンパ浮腫・・・体液の一部であるリンパ液が腕や足の細胞の隙間にたまって腫れてくる障害。全国におよそ10万人の患者がいる。

<症状>
  手足の腫れや不快感〜初期にはほとんど症状がない
  「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」
     〜患部に細菌が感染すると発熱やかゆみを伴う。
       リンパ浮腫発症のきっかけになることもある。

<原因>
  ほとんどはがんの治療が原因
  乳がんや子宮がんなどの手術でリンパ節を切除したり、
  放射線治療でリンパ管が損傷を受けた後遺症として発症。
  ただし、必ず発症するとは限らず発症の時期もまちまち。

<治療および予防>
  圧迫療法
    患部を弾性着衣で圧迫することで、リンパ液を
    たまりにくくする。
    弾性着衣をつけて体をうごかす運動療法は、
    リンパ液の流れを促す効果がある。
  リンパドレナージ
    ドレナージ=排出する
    まず排出先のリンパ節を空にして患部のリンパ液を
    流しだす
    医療用のリンパドレナージは専門家による指導が大事
    セルフケア〜首回し・肩回し・腹式呼吸なども
           ドレナージの効果あり。

☆2008年4月から治療の一部で保険適用がスタート
     適用対象〜弾性着衣と弾性包帯の医療費  
             リンパ浮腫指導管理料

☆まとめ
リンパ浮腫は早めに気づいて対処すれば、進行を防ぐことができる。正しい知識とケアの方法を身につけて、気長につきあうことが大切。

今年は2倍!しっかり対策を!花粉症

 
2009年2月21日放送

今回お話を聞くのは
国立病院機構福岡病院 アレルギー科 医長の岸川 禮子先生

今年の花粉飛散量は去年夏の猛暑を受け、去年の2倍以上が予想される。

都市部では成人のおよそ30%が花粉症と言われている。理由は・・・
・体質の遺伝 (両親から子どもへ)
・戦後植林されたスギの木が伐採されずに成長して花粉を飛ばしている
・都市部での空気の汚れ、舗装道路では花粉やほこりが舞いやすい・・・など。

☆花粉症かな?と思ったら自己判断を避け、病院でキチンと診断・検査を受けることが大切。

花粉症対策いろいろ
・花粉が多く飛びそうな日の外出はなるべく避ける。
・外出時はマスクやメガネを着用、衣服は花粉が付きにくいナイロン製のものを着る。
・帰宅して家に入る前に服や髪についた花粉を落とす。
・部屋の中はこまめに掃除。外に干した洗濯物や布団はよくはたく。
・少しの花粉の飛散でも体調が良くないと症状は悪化しやすくなるので日ごろから規則正しい生活を!

☆まとめ
かかりつけのお医者さんに行っている方でも、あまり症状が良くならない場合は、合併症(副鼻腔炎やぜんそくなど)があるかもしれないので早めに病院へ!

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます