KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

宗像 沖ノ島〜祈りの原点をたずねて〜

KBC共通メニューをスキップ

見も心もクタクタ!?アレルギー疾患と心の病

 
アレルギーと心の病    09年07月25日放送

今回、アレルギーと心の病についてお話を伺うのは九州中央病院・心療内科アレルギー科・部長の十川 博(そがわ・ひろし)先生です。

アレルギー疾患とストレス…
アレルギー疾患は非常に治療が長くかかる病気。治療の見通しが立たず、生活の質が落ちてしまい非常にストレスになることがあります。病気を持つことによってストレスになる、そしてストレスがまた、症状に関係するという悪循環に。最近では、アレルギー疾患にうつ病が併発するという報告も相次いでいます。

アレルギー疾患とは…
アトピー性皮膚炎やぜん息、花粉症、結膜炎、胃腸炎、じんましんなど。
特にアトピー性皮膚炎とぜん息は、治療が長期にわたる上、身体的負担も大きいことから、心の不調を伴いやすいとされています。
アトピー性皮膚炎は強いかゆみを伴う慢性の湿疹。気温や湿度の変化、かぜなどのウイルス感染、ストレスなどがきっかけとなって症状が悪化することがあります。
ぜん息は空気の通り道である気道が慢性的な炎症を起こす病気。発作性の呼吸困難や咳、呼吸の度にヒューヒュー、ゼイゼイといった雑音がする喘鳴(ぜいめい)などの症状が見られます。ハウスダストやタバコの煙などが誘因となって発症しますが、ウイルス感染やストレスによって引き起こされることもあります。最近では大規模調査により、ぜん息患者はうつ病になりやすいことが分かってきました。

心の病の兆候とは…
・精神的な症状 → 気持ちが落ち込む、人に会いたくない、外に出たくないという傾向。
・身体な症状 → アレルギー疾患が落ち着いているにもかかわらず、不眠、食欲不振など。
以上のような兆候が出ている時はうつ病を併発してる疑いが!注意が必要です。

今や日本人の3人に1人が、何かしらのアレルギーを抱えていると言われています。治療が長期にわたる時、心の不調には十分気をつけて下さいね。

あなたは血の通った人間!?
「鉄欠乏性貧血」

 
「鉄欠乏性貧血」 09年07月18日放送

今回、鉄欠乏性貧血についてお話を伺うのは、福岡大学病院 腫瘍・血液・感染症内科 准教授の熄シ 泰(たかまつ やすし)先生です。

「貧血」とは、
血液中の赤血球の数が減少した状態、または赤血球の中に含まれているヘモグロビンの濃度が低下した状態を言います。中でももっとも多いのが、「鉄欠乏性貧血」です。鉄欠乏性貧血とは、赤血球に含まれるタンパク質の一種、“ヘモグロビン”の材料となる鉄が不足して起こる貧血。若い女性に多く見られます。
通常、体内に取り入れられた酸素は、赤血球に含まれるヘモグロビンと結びつき、血管を通って全身に運ばれます。ヘモグロビンの元になる鉄が不足すると、ヘモグロビンの量も減り、体が酸素不足になって、鉄欠乏性貧血になってしまうんです。

大人の場合は通常、体の中に3〜4gの鉄を持っていて、3分の2がヘモグロビンを作るために使われ、3分の1は“貯蔵鉄”として肝臓や脾臓に蓄えられています。鉄不足になった場合、まずはその貯蔵庫から鉄が取りだされて赤血球を作るのに使われるので、すぐに貧血になることはありません。

通常、私たちの体からは毎日1mgの鉄が汗や尿とともに失われるため毎日1mgの鉄を補給すれば十分ですが、女性は月経による出血で鉄を失うため2mgを、さらに妊娠中は胎児の発育に鉄が必要となるために3mgを毎日、摂取する必要があります。

鉄は体内では作りだせないので食べ物から取り入れます。吸収率は10%程度と非常に低いので実際には1日に必要とされる摂取量の、10倍の鉄を食事でとらなければなりません。

鉄欠乏性貧血の症状
・階段や坂道を上がったさいの動悸や息切れ
・全身の倦怠感や頭痛
・顔や唇の色が悪くなる
・口内炎や舌炎(ぜつえん)を発症する
・髪が抜けやすくなる
・爪が薄く割れやすくなる(まれに、爪がスプーン状にそり返ってくぼむ“さじ状爪”の症状も)
若い女性の場合は、鉄欠乏性貧血というのは病気というよりも一種の生理現象とも言えます。一方で、閉経後の女性や、男性が鉄欠乏性貧血になった場合は持続性に出血していることが多く、胃がんや大腸がんができている危険がありますので、検便や消化管の検査を受けましょう。

治療は…
まず、鉄剤の内服治療です。
→普通、ヘモグロビンの濃度1〜2ヵ月で正常なレベルまで回復しますが、その後も、空になった貯蔵庫に鉄が充満してフェリチン濃度が正常に戻るまで半年間くらい続ける必要があります。
鉄剤の内服ですぐに良くなりますが、もっとも大事なのは鉄不足にならないように予防していくことです。偏食や無理なダイエットを止めて、鉄分をはじめとしたさまざまな栄養素をバランスよく含んだ食事を取るように心掛けてくださいね。
また食事以外にも、鉄欠乏性貧血の予防には適度な運動や十分な睡眠など、日ごろから規則正しい生活を心がけることが大事です。貧血でお悩みの方は毎日の生活を一度、見直してみませんか。

寝耳に水の災難!?突発性難聴

 
「突発性難聴」 09年7月11日
その名のとおり、耳が突然聞こえにくくなる病気で、厚生労働省によって特定疾患に指定されているいわゆる難病のひとつです。全国に約3万5千人の患者がいると推定され、働き盛りに多く見られますが、子どもや10代から20代の若い世代にも発症することがあるのです。 

今回、突発性難聴についてお話を伺ったのは九州大学大学院・医学研究院・耳鼻咽喉科・教授の小宗静男(こむね・しずお)先生です。

〈症状〉
・ある日突然、片方の耳があー聞こえなくなる。
・耳鳴り、耳が詰まった感じがする。
・周りの音がやかましく響く、うるさく感じる。
・30%ぐらいの人に、めまいを伴う。
・メニエル病は何回もめまいの発作を繰り返すが、突発性難聴は1回きり。

〈原因〉
突発性難聴は内耳に何らかの不具合が生じることで耳が聞こえにくくなると考えられており、内耳には平衡感覚を司る働きもあるため、めまいなどの症状を伴うことがあるのです。 
@循環障害→内耳の動脈が詰まったり、一時的に痙攣を起こして細くなったり、内耳の中の音を電気に変える所の働きが悪くなって起こる。
Aウイルスの感染→一部の人の内耳からはしかのウイルス・おたふくかぜのウイルスが見つかったことが根拠になっている。 
この2つが疑われますがはっきりしたことはまだ分かっていません。
他にもアレルギーが原因説やストレスや、疲労による免疫力低下説もありますが、はっきりしているのは時間や状況を問わずに発症するということです。
つまり誰でも発病する可能性がある病気なのです。 

〈早期治療が一番、大事!〉
・発病して2週間以上経つと、もうほとんど治らない。
・1日も早く治療を開始することが大事。

〈治療〉
点滴と内服による薬物療法が中心。
内耳の循環障害を改善するために、血管を拡張したり血栓を溶かす薬が用いられる他、ウイルス感染による炎症を抑えるためにステロイド剤が併用されることもあります。濃い濃度のステロイドを、鼓膜を通して中耳に、流し込んで内耳に入れるという治療も効果的といわれています。
治療日数の目安は約2週間。ごく軽い場合は数日の通院で済むこともあれば、重症の場合は入院が必要となることもあります。

〈治療の成果〉
30%→完治
30%→治らない
40%→部分的に回復

命に関わる病気ではありませんが、片耳でも聞こえなくなると生活に大きな支障をきたします。突発性難聴による聴力の低下は、補聴器では改善することができません。発症は働き盛りの成人に多いと言われますので、安静にしてストレスを避けるということも大事な予防法です。症状の程度にもよりますが、早く治療を始めれば始めるほど完治率も高いとされます。耳に異常を感じたらなるべく早く専門医を受診しましょう!

リラックスがリスクに!?肺がん

 
「肺がん」  09年07月04日放送

肺がんは、日本人に起きるがんの中で死亡者数がもっとも多いとされ、今後ますます増えていくと考えられています。原因のほとんどは長年の喫煙習慣です。

今回、“肺がん”についてお話を伺ったのは、九州大学病院 呼吸器科教授の中西 洋一(なかにし よういち)先生です。

〈現状平成20年度の調査〉では・・・
日本人の死亡者数114万人のうち、30%(34万人)ががんによる死亡。その2割、6万7千人が肺がんで亡くなった。
さまざまながんの中で肺がんの死亡者数は男性では1位、女性では2位。発症は40歳代以降から増加するが、近年では若い女性の喫煙率が上がったことで、女性に増加傾向が見られる。

〈肺がんを引き起こす危険因子、“喫煙”〉
その割合は全体の約90%。その中の約5%がいわゆる“受動喫煙”によるもの。
たばこを全く吸わない人と1日1箱以上吸う“ヘビースモーカー”、その間では肺がんの発生頻度が約20倍違うと言われる。中高年以降に喫煙を始めた人よりも、より若い年齢から始めた人のほうが肺がんを発症しやすい。

〈喫煙による肺がん発症の影響は男性よりも女性の方が大きい〉
実はたばこを吸う女性の赤ん坊はニコチン中毒になると言われる。ニコチンは母乳から赤ちゃんの体に移行するため、成長にも大きな影響が!乳幼児が受動喫煙をすることで呼吸器系の感染症を発症しやすいことや、“乳幼児突然死症候群”の危険度が約4倍も高くなる!たばこを吸う母親の子どもはそうでない母親の子どもに比べて知能指数“IQ”が5ポイントくらい低いとも言われる。

〈肺がんの症状〉
・咳や痰
・痰に血が混じる血痰(けったん)
・胸の痛みや呼吸困難
上記は肺がん特有の症状ではなく、実際には発見や治療が遅れがちになるのが現状。

〈診察の流れ〉
・まず問診
・胸部のレントゲン(撮影)
・少し精密な検査→CT、MR、最近ではPETの検査
・喀痰の出る患者→痰の検査
・“呼吸器内視鏡”気管支鏡の検査

〈治療の流れ〉
・早期→手術での切除・抗がん剤を使った化学療法
・転移がまだ肺に留まっている局所進行期→放射線治療と化学療法
・他の部位に転移している進行期→化学療法

これに加え最近では“分子標的薬”、“分子標的治療”という新治療法が!
分子標的治療薬とは正常な細胞に影響を与えず、がん細胞の特殊な分子にのみ作用する薬で、副作用も少なく治療に効果を発揮しています。
予防のためなによりも大事なことは禁煙です。ひとりひとりが禁煙すること、たばこのない社会を実現していくこと、これが肺がん予防、あるいは肺がんを世の中からなくすために一番大事な方策です。肺がんはさまざまながんの中でも一度かかると、とりわけ油断のならないがんです。リスクを避けるためにもあえて、重ねて禁煙をお勧めします!

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます