KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

認知症と看護

 
今回、認知症と介護についてお話を伺ったのは、
田北メモリーメンタルクリニック院長の田北 昌史(たきた まさし)先生です。


■認知症と介護とは

一般的に病気と言えば患者さんがいちばんつらい訳ですが、
認知症では患者さんを介護している家族も大変な苦労をすることになります。
“認知症は患者をふたり作る”という言葉もあります。
さらに認知症の介護者の半分以上が鬱状態になっているという報告もあります。
認知症治療では患者さん自身の治療と併せて、
介護をしている家族をいかに支えていくかも大切です。


■認知症とは?

脳の病的な変化によってその人がもともと持っていた能力が低下し、
普段の生活に支障をきたすようになった状態です。
代表的なのが“アルツハイマー型認知症”で、
脳に“アミロイド”という物質が溜まって神経細胞が減少し、認知機能が衰えていきます。
その他に脳梗塞や脳出血など脳血管障害のあとに起こる“脳血管性認知症”。
脳の中に“レビー小体”という物質が溜まって手の震えや幻覚などが起こる
“レビー小体型認知症”などがあります。


■認知症の症状

認知症の症状は大きく分けて“中核症状”と“周辺症状”に分けられます。
中核症状はいわゆる認知機能の低下で、代表的なものが記憶力の低下です。
特に短い間での記憶力が落ちてきます。昔のことはよく覚えているけれども、
さっきのことが分からないというふうなことから始まってきます。
それからよく見られるのが“見当識障害”と言われるもので、
時間や場所が分からなくなってくることがあります。
だんだん進んでくると人物の見当識障害も出てきて、
家族を見ても誰だか分からなくなったりします。

周辺症状では私物を家族などに盗まれたと騒ぐ“物盗られ妄想”をはじめとする妄想。
他にも幻覚や不眠といった精神症状が見られます。
周辺症状は全ての認知症患者に起こるわけではなく、
またその人の心身の調子や接する相手など状況次第で症状の出方も変わります。


■高齢者になると多くなる“物忘れ”と“認知症”との違いは?

一般的な物忘れは加齢とともにある程度は出てきます。
しかしそのような物忘れはちょっとしたヒントがあれば思い出す、
あるいはメモをすれば防げるといった程度のもので、
社会生活や家庭生活に大きな支障をきたすものではありません。
例えば昨日、みんなでご飯を食べに行ったけれど、
料理の種類を「ひとつだけ」思い出せない、というのは心配ないと思われますが、
ご飯を食べに行ったこと「全体」をすっかり忘れているというのは心配です。


■田北先生が指導する「介護の心得」とは

@認知症の患者さんは家では何もしていないのに
聞くと“何でもしてます”とか“元気です”と言われる方が多いです。
それを聞くと“お母さん、何言ってんのよ!”と怒る家族がいますが、
患者さんの“うその言葉”に目くじらを立てたりすることなく、
多少は大目に見てあげましょう。

A認知症の患者さんはやる気がなくなることが多いです。
なのでついゴロゴロとして何もしなくなりがちです。
そういう時にはいわゆる命令形で言ってもなかなか動いてはくれません。
散歩にでも“行ってきなさい!”ではなく、
散歩に“一緒に行きましょう”、など“一緒に”を心がけましょう。

B40歳以上の人が納付する介護保険料が重要な財源となっている介護サービス。
利用をためらう患者さんや介護者には例えとして、
“納めた介護保険料を取り返すつもり”でどんどん利用しましょう。

C初めての介護だから、ちゃんとできなくて当たり前。
最初から完璧な介護を目指さず、少しずつ経験を積んでいきましょう。

D昨今“介護のプロ”が書いた介護本がたくさん出ていますが、
それらには“患者さんに優しくしなさい”とか、
“患者さんの言う事を受け入れなさい”と書いてあります。
しかし家族は介護のプロではないのでなかなか上手くできません。
真面目に介護している家族ほど、
“この前、患者さんを怒ってしまった”と落ち込みがちです。
家族は、“介護はアマチュア”なので自分のやれる範囲で介護を始めましょう。
“自分を全て犠牲にして患者さんを大切にする”ではなく、
両者を大切にしていくことが大切です。

手足のしびれ

 
今回、手足のしびれについてお話を伺ったのは、
福岡大学医学部 神経内科 教授の坪井義夫(つぼい よしお)先生です。


■手足のしびれとは

皮膚の感覚は末梢神経を通じ、脊髄を介して脳に伝わります。手足にしびれが起きたら
末梢神経、脊髄、脳のどこかに、その原因となる病気が潜んでいることが考えられるので、
それを突き止めなくてはなりません。


■脳に原因があるしびれ

脳に原因があるしびれで最も多いのは、脳の血流が悪くなって起こる脳梗塞や
脳の血管が破れる脳出血といった脳血管障害です。
脳血管障害によるしびれは体の左右どちらかに突然、現れます。

また手や口の周りに起こるしびれは、
脳のごく小さな血管が詰まったり出血したりする
手口感覚症候群(てくちかんかくしょうこうぐん)が考えられます。

特に注意が必要なのは、脳梗塞の前触れ発作とされる
一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ)で、
血管内にできた血の塊“血栓”によって血管内が一時的に詰まったり、
血流が悪くなってしまうことでしびれが起きます。
しかし、しびれは血栓が数分から数十分でなくなるのと併せて消えてしまうために、
一過性脳虚血発作に気がつかず、その後、脳梗塞を引き起こすケースが少なくありません。


■脊髄に原因があるしびれ

脊髄に原因があるしびれでは、変形性頸椎症(へんけいせいけいついしょう)や
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)が考えられます。
変形性頸椎症は首の骨が変形して神経が圧迫される病気で、
肩から指先に向かって走るようなしびれがあり、
首を反った時にしびれが強くなるという特徴があります。
骨の変形が進むとさらに脊髄が圧迫されて、
足にもしびれが出たり、歩行困難になる場合があります。

腰部脊柱管狭窄症は腰の骨の変形により
神経の通り道である脊柱管が狭くなって神経が圧迫される病気です。
歩いていると徐々に足がしびれてきますが、前かがみで休むとしびれは取れます。
しかし歩きだすとまたしびれが起こります。


■末梢神経に原因があるしびれ

末梢神経に原因があるしびれでは
手首から先がしびれる手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)が考えられます。
手の平のつけ根にある手根管という管が狭くなって、
その中を通っている神経が圧迫されてしびれが起きます。
主に親指から薬指の中指側半分にかけてしびれるのが特徴で、
手を振ったり指を動かしたりすると一時的に症状が改善します。
40歳以上の女性に多く、朝、目を覚ました時に強くしびれますが、
ひどい時は夜にしびれと痛みで目を覚ますことがあります。


■その他に原因があるしびれ

特に多いのが糖尿病で足先からジンジンとしびれが始まり、
手にもしびれが起きて指先から徐々に上に広がっていきます。
このしびれは時に痛みとして感じることもあります。
他にもアルコールの過剰摂取やビタミン欠乏、免疫システムの誤作動による自己免疫疾患、筋肉を動かす運動神経が傷害されて両手両足に力が入らなくなるギラン・バレー症候群で
しびれが起こる場合があります。このようにしびれが起きる病気はさまざまなので、
原因となる病気を突き止めて治療しないことにはしびれは改善されません。


■症状が出たら…

手足のしびれが起きた時には神経内科の受診が望まれます。
問診では、しびれがどこにいつから出たか、姿勢で変化するか、
しびれ以外の症状があるかなどが尋ねられます。
そして脳や脊髄の病気が疑われる場合にはCTやMRIなどの画像検査、
末梢神経が疑われる場合には末梢神経の活動を測定する伝達速度の検査が行われます。
このような問診や検査の後、必要に応じて脳神経外科や整形外科、糖尿病科など
専門診療科で治療を開始することになります。


■まとめ

手足のしびれには命に関わる病気や障害が残るような病気が隠れていることがあります。
特に頭痛やめまいを伴う、ろれつが回らない、
顔面を含む体の片側が突然しびれるという場合には、
なるべく早く神経内科を受診しましょう。

乳がん

 
今回、乳がんについてお話を伺ったのは、
国立病院機構 九州がんセンター 臨床研究センター 臨床腫瘍研究部長の
大野 真司(おおの しんじ)先生です。


■乳がんの現状

世界の女性のがんで一番多いのが乳がんですが、
日本でも非常に増えていて、毎年5万数千人が乳がんと診断され、
割合では16人にひとりが発症すると言われています。
そして残念ながら、毎年1万人が亡くなっています。
また発症のピークは45歳前後とされています。


■乳がんの発症要因

乳がんは多くの場合“エストロゲン”という女性ホルモンの影響を受けて発症します。
エストロゲンは子宮の発育や乳腺の発達など、女性にとって大切なホルモンですが、
過剰に分泌されることで乳腺の細胞が刺激を受け、
正常な細胞ががん化すると考えられています。


■乳がんになりやすい人

女性ホルモン“エストロゲン”の刺激を長く受ける人がなりやすいと考えられています。
具体的には初潮が早い人、閉経が遅い人、
閉経後では女性ホルモンは脂肪組織で作られるので、
肥満の人ほど乳がんになりやすいとされています。
遺伝の問題もありますが、
家族にひとりくらいいても罹患率はほとんど変わらないですが、
家族にふたり三人といれば、やはり乳がん発症の危険性は増えてきます。

また日頃の生活習慣ではお酒の飲みすぎ、喫煙が挙げられます。
喫煙はたとえ本人が吸わなくても周囲からのいわゆる“受動喫煙”によって
発症の危険性が高まることが分かっています。

■乳がんでの症状

代表的なものは乳房に触れた時に感じるしこりです。
また乳頭から分泌物が出ることもあります。
その他に乳頭や乳輪のただれ、
皮膚にえくぼのようなへこみができることがあります。

痛みは乳がんの症状とは考えられていません。
ただし乳腺自体には痛みがあるので、例えば生理前になると乳房が痛いとか、
そういうことがきっかけで病院に行って乳がんが見つかることはあります。
しかし“乳がん=痛み”ということはまずありません。


■先生よりまとめ

乳がんは女性であれば誰でもかかり得る病気で、16人にひとりと増えてきています。
その症状はしこりですが、しこりができてから見つけるか、
マンモグラフィ検診でしこりができる前に早く見つけるかで大きな差があります。
病気になってしまうと仕事や家庭などに大きな影響を及ぼします。
またどの段階で見つかるかによって医療費も大きな違いがあります。
体と心に優しい治療を受け、経済的にも、社会的にも影響が小さいうちに
早期発見・早期治療という意味で、
マンモグラフィ検診を2年に1回は受けることをお勧めします。

ランニング障害

 
今回、ランニング障害についてお話を伺ったのは、
佐田整形外科病院、理事長・院長の佐田正二郎(さた しょうじろう)先生です。


■ランニング障害とは

スポーツで起こるけがや故障をスポーツ障害と言いますが、
その中でもランニングで起こるのがランニング障害です。
初心者に多い傾向がありますが、ある程度経験のある人にも起きます。
ランニング障害は下半身に出やすく、ひざの前の膝蓋腱炎(しつがいけんえん)や、
ひざの外側の腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)が多いです。
足ではアキレス腱炎、足の裏の足底腱膜炎(そくていけんまくえん)が多く見られます。


■具体的には

膝蓋腱炎(しつがいけんえん)と腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)は、
別名“ランナーひざ”と呼ばれ、ランニングのやりすぎで起こります。
膝蓋腱炎はひざの皿にあたる膝蓋骨(しつがいこつ)と腱の接合部分に
小さな損傷を生じた状態、
腸脛靭帯炎はひざの動きで靭帯と骨がこすれて局所的な炎症が生じた状態です。

アキレス腱炎はアキレス腱の組織に炎症が起きた状態です。
動き始める時に最も強く痛みますが、動いている内に痛みが軽減していくので、
そのまま動かし続けるとアキレス腱のしなやかさが失われ、痛みが慢性化します。

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)は、足の縦のアーチを支える腱に炎症が生じた状態で、
足の裏のつけ根、かかとの前あたりに痛みを生じます。
朝起きて歩き始めた時にひどく痛み、
短時間でその痛みがとれるということが数日続きます。
動けなくなるような強い痛みではないため、痛みを我慢して運動を続けてしまいがちで、
それによって症状を悪化させてしまう人が少なくありません。


■ランニング障害にならないために


ランニング障害は基本的に疲労の蓄積で起こるので、
基本的には休むこと、使い過ぎないことが大事です。
痛みが出たら休む、水泳や自転車などに切り替えるといった工夫をしましょう。
特に中高年ランナーは若い人のようにはなかなかいかないので、
1ヵ月の走行総距離を20キロ以内に抑える、
3日に1回程度は休養日を入れることが大切です。

走る環境にも注意が必要です。アスファルトなどの固い地面は下半身に負担がかかるので、土のグラウンドやランニング専用コースを走ることが予防につながります。
また道路は路肩が傾いているので、同じ側でばかり走っていると、
ひざや足首に偏った負担がかかるので注意しましょう。

また靴は自分の足の形に合わせて底が厚めでクッション性が良く、
かかとのしっかりした物を選びましょう。
靴底がすり減ったら、早めに履き替えることも大切です。

速く走ろうとすると男性ではストライド走法で歩幅を広くとって走ろうとします。
すると膝蓋腱炎など、ひざの故障が出る傾向にあります。
女性ではピッチ走法で足の回転を早めて走る傾向があります。
すると足底腱膜炎が出る傾向があります。
また多くの市民ランナーが自己流で走っているので
正しい知識と正しいランニングフォームを学ぶことが大事です。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます