KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

新生活のストレス

 
今回、「新生活のストレス」についてお話を伺うのは、九州中央病院メンタルヘルスセンター長、心療内科・アレルギー科部長の十川博(そがわ・ひろし)先生です。

■あなたは大丈夫?
入学・就職・人事異動に引越しと、春は新たな門出の季節。希望に胸を膨らませた新生活も、いざ始まってみると、慣れない環境にあっちで怒られこっちで叱られ…今やすっかり自信喪失意気消沈。右往左往の1ヵ月、連休でやっと一息つけた今だからこそ、ストレス対処法を身につけて休み明けに備えましょう

■新生活に潜む2つのストレス
新しい環境に入るということは、今まで築いてきた人間関係や環境から、離れるということでもあります。同時に、新しい環境に入って人間関係を築かないといけないという、2つのストレスがあります。
4月に入った段階では忙しさに紛れて気づかないことも、5月になると色んな人間関係のことで、ストレスがかかり過ぎてしまうことも少なくありません。すると身体的には不眠や倦怠(けんたい)感、さらには頭痛やめまい、下痢といった症状が現れていきます。精神的には気持ちが落ち込んだり、なんとなく不安になるといった症状が出てきます。こうした症状が出てくると、やがて日常生活自体もきつくなってしまいます。

■ストレスの正体
そもそもストレスとは、例えば季節が変わればそれに適応し、職場が変わればそれに適応し、ショックを受ければそれに適応するといったように、様々な刺激に対する心身の反応のことです。つまり生きている限り、ストレスをなくすことはできません。
ストレスは暑さや寒さ、過労や空腹など、体に負担を与える身体的ストレスと、就職や転勤に伴う環境の変化や失恋など、心に負担を与える精神的ストレスの2つに大きく分けられます。身体的ストレスは原因がはっきりしていて対処しやすいのに対して、新生活に伴う精神的ストレスは、心理的要素や社会的要素が強く、原因があいまいで対処しにくいために、心身への影響が大きいとされているのです。

■受診の目安は?
ストレスを受けて、最も敏感に反応するのは睡眠です。ですから眠れなくなったら注意が必要です。単に眠れないというだけではなくて、朝起きた時に「今日1日始まるのが嫌だ」とか「職場に行きたくない」「学校に行きたくない」という感情が強くなると要注意です。さらに食欲がなくなる、外に出たくない、人に会いたくない、新聞など活字を読めなくなる、といった5つの症状のうち、2つぐらいに思い当たるようなら、メンタルクリニックや心療内科を受診して、専門医の診察を受けましょう。

■ストレスを受けやすいタイプとは?
一概には言えませんが、皆から好かれたいという気持ちが強い人は、何かと周りの人の顔色を見てしまいがちなので、ストレス受けやすいと考えられます。それから「ねばならない」という考え方の人も、他人に対しても「そうでなければならない」という気持ちが強くなるので、孤立してしまいがちです。さらにはは白黒はっきりし過ぎている人や、予定通りでないと気が済まないような人は、ストレスを受けやすいので注意が必要です。

■ストレス対処法を身につけよう
環境の変化などのストレスに適応するには、自分に合ったストレス解消法を見つけることから始めましょう。
例えば運動。ストレス解消のためには、散歩やジョギングなど軽く汗をかく程度の運動を、長く続けるようにしましょう。
そして家族や友人を大切にして、いつでも自分を支えてくれる人間関係を作りましょう。特に独り暮らしは孤独感に襲われやすいので、心配事や悩みを打ち明けられる相手がいると安心です。
また発想の転換で、ストレスをやりがいに変えることもできます。例えばコップ半分の水を「もう半分」とみるのか、「まだ半分」とみるのかでストレスの受け方は違います。“災い転じて福となす”の精神で、何事も前向きに捉える考え方を身につけましょう。

■お手軽リラックス法のすすめ
いつでもどこでも手軽にできるストレス解消法としては、腹式呼吸と筋弛緩(きんしかん)法が広く知られています。
腹式呼吸はお腹の横隔膜を使って行う呼吸法で、私たちが普段最もリラックスしている睡眠中に、無意識で行っている呼吸です。これを意識的に行うことで、心身をリラックスした状態に導くことができます。腹式呼吸を行う時は、最初は仰向けで膝を立てた姿勢で行います。こうすると腹筋がリラックスして、腹式呼吸がしやすくなります。さらにお腹に辞書をのせて行うと、腹式呼吸の感覚をつかみやすいのでおすすめです。仰向けで出来るようになったら次は座った姿勢で、さらには立った姿勢でといった具合に、段階的にどんな姿勢でもできるようにトレーニングしていきます。最初は仰向けの姿勢で、就寝前に5分程度行うことから始めてみましょう。
筋弛緩法は慢性的に疲労した部分の緊張を、ピンポイントで解きほぐすのに効果的です。緊張して肩に力が入っている時に、肩の力を抜こうとするのではなく、一旦肩を緊張させてから一気に力を抜くことで、心身の緊張を和らげることができます。一気に力を抜いて緊張がほどける感覚を、ゆっくりと味わうのがポイントです。肩だけでなく腕や足など、体の色んな部分で試しましょう。筋弛緩法は緊張した時に1セット3回を目安に行うと効果的です。

■望ましい周囲のサポートとは?
元気がない人を見ると、つい「頑張れよ!」と言ってしまいがちですが、そういう時はまず話を聞いてあげることが大切です。その時に注意しなければならないのは、「それはこうしたらいい」とか「こうすべきだ」というようなアドバイスはしないということです。じっくりと話を聞いてあげるだけでも心が楽になって、症状が改善することもあります。ですからまずは、相手の話をゆっくりと聞いてあげるということが、周囲のサポートとしては何よりも大切なことです。

環境の変化に適応するには、失敗を恐れないことが大切です。ストレスは上手に付き合えば、人間的な成長の原動力にもなることを忘れないで下さい。

紫外線

 
今回、紫外線についてお話を伺ったのは、
九州大学病院 皮膚科 医師の伊藤 絵里子(いとう えりこ)先生です。


■紫外線とは?

地表に降り注ぐ太陽光線には可視光線、赤外線、紫外線の3種類があります。
その中で紫外線は最も波長が短く、エネルギーの強い光線のことを言います。
暑くなる前の今の時期から紫外線は急に増えてきます。
紫外線自身には殺菌作用など有用な面もありますが、適切な処置を怠るとさまざまな影響が起こってきます。


■紫外線の種類

紫外線にはUV‐A、UV‐B、UV‐Cの3種類があり、このうち地表まで降り注ぐのはUV‐AとUV‐Bです。
UV‐Aは地球を取り巻くオゾン層を通過してそのすべてが地表に降り注ぎます。
UV‐Bは一部が地表に降り注ぎオゾン層の厚さによってその量も変わります。
UV‐Cは体への影響が強い紫外線ですが、全てオゾン層に吸収され、地表には届きません。
仮にオゾン層がなくUV‐BやUV‐Cがそのまま地表に届くと、人間をはじめとする地球上の生き物は生存できないとされています。


■紫外線の特徴

紫外線は南に行くほど強いと言われていて、私たちの住む九州地方には北海道の2倍程度の紫外線が降り注いでいるとされています。
さらに1日のうちでは正午を中心とした前後2時間が、時期的にはこれから9月くらいにかけてが、それぞれ強いと言われています。






■紫外線の影響

紫外線による皮膚への影響は良い面と悪い面があります。
良い面では皮膚に紫外線が当たると皮膚でビタミンDが合成されます。
ビタミンDは骨を作ったり、良い骨を保つのに重要な役割を果たしています。
ただ、それを作るために紫外線を浴びる必要はなく、日常、自然に浴びる紫外線量で十分だと考えられています。
また皮膚疾患の治療では、“ナローバンド UV‐B”という特定の波長の紫外線が疥癬(かいせん)やアトピー性皮膚炎といった症例の治療に使用されています。

悪い面に関して一番挙げられるのはやはり日焼けです。
日本語の日焼けという言葉は紫外線を浴びて赤くなる“サンバーン”、その後に黒くなる“サンタン”を含めて用いられています。
また少量の紫外線でも少しずつ長めに浴びることによって「光老化」が起こってきます。
光老化とは、紫外線を長年浴びることによって起こる皮膚の老化現象のことです。
肌のシミやシワが増えたり、反対にツヤがなくなってきます。
さらには良性の腫瘍、皮膚がんなどを合併する場合もあります。


■紫外線の注意点

紫外線に当たってその反応性はスキンタイプによって違ってきます。
私たち日本人のような黄色人種は一般的に紫外線に当たると赤くなって、その後黒くなるというパターンが多いです。
しかし赤くなるだけでその後黒くなりにくい人は光老化が進みやすいと言われています。

また紫外線は晴れた日はもちろん、曇りの日でも晴天時の8割程度、地表に届いているとされています。
さらに屋内であっても、UVカット加工がされていない窓ガラスのそばに長い時間いると屋外と同じように紫外線を浴びることになります。
日傘に長袖の服、日焼け止めクリーム。
サングラスで目も守って、今の時期からしっかり紫外線対策を行いましょう。


21世紀の新しい医療!再生医療(後編)

 
前回に引き続き「再生医療」についてお話を伺うのは、国立病院機構九州医療センター名誉院長、博多駅前かしわぎクリニック院長の柏木征三郎(かしわぎ・せいざぶろう)先生です。

■実現に向けた準備が進む再生医療
私たち人間が持っている、細胞の再生能力を活用した新しい医療技術、再生医療。まだ遠い未来の医療だと思っていたら、誰もが受けられるようになる未来が、すぐそこまで迫っています。
そのカギを握るのが幹細胞です。文字通り体の組織や臓器を形作る“幹”になる細胞で、ある特定の細胞になるよう指示されると、その細胞に変化する能力を備えています。幹細胞には胚から採取する“ES細胞”、胎児から採取する“胚生殖細胞”、成人から採取する“体性幹細胞”、そして人工的に作り出す“iPS細胞”の4種類があります。
中でも成人の脂肪から採取される体性幹細胞は脂肪由来幹細胞と呼ばれ、実用化に適した幹細胞として注目されています。すでに形成外科や美容外科の分野では、乳がん切除後の乳房再建や豊胸術などに利用されていますが、他の様々な病気の治療にも効果があることが分かってきました。つい先日、脂肪から幹細胞を作り出す、九州で初めての施設が完成するなど、この春からの本格的な普及に向けた準備が着々と進んでいるんです。

■体性幹細胞の利点
体性幹細胞は人体を構成している組織の1つで、皮膚の細胞にも体性幹細胞があります。例えば倫理的な問題があるES細胞や、がん化の問題があるiPS細胞はまだ人に対しては使えませんが、人の体性幹細胞は自己の細胞を採取して使用するので、副作用の恐れが全くないという利点があります。特に人の皮下脂肪から体性幹細胞を採取する場合、ほとんど健康上の問題がなく、簡単に採取することができるということで、皮下脂肪から採取した体性幹細胞の利用が、非常に盛んになってきています。
脂肪からとれる体性幹細胞は脂肪由来幹細胞と呼ばれ、様々な機能が期待されています。例えば、炎症を起こしている部分や損傷を受けている部分を治したり、血流の改善、さらには細胞の死滅を防ぐ抗アポトーシスといった機能に加えて、若返りをうながすアンチエイジングにも効果があると考えられているのです。

■脂肪由来幹細胞による治療の流れ
脂肪由来幹細胞による再生医療では、最初に患者さんから脂肪を採取して、そこから分離した幹細胞を培養して、最終的に患者さんの体内に注入します。
脂肪の採取方法は、初めのうちは脂肪を吸引していましたが、血液や体液が混ざってしまって、肝心の幹細胞が上手く採取できませんでした。そこで部分麻酔による簡単な外科手術で、皮下脂肪を5〜10gの固まりで採取すると、良質な幹細胞が分離できるようになりました。採取する場所は主におへそ周りの皮下脂肪で、お腹の脂肪が少ない人は太ももやお尻から採取します。幹細胞を培養には3週間から4週間ほどかかります。この期間をより短縮できるように、現在も研究が進められています。
実際の治療では、この幹細胞を点滴用の輸液で薄めて、静脈から30分ほどかけてゆっくりと投与します。そうすることによって、幹細胞が体の隅々まで行き渡ります。幹細胞には、体の障害された部位に自然と集まっていく“ホーミング効果”と呼ばれる特徴があり、今のところ特定の病気や臓器だけに作用させることはできないので、治療効果の現れ方は人によって異なります。

■再生医療の治療効果
ある男性は、腎臓が障害されて尿と一緒に大量のタンパク質がもれ出てしまうネフローゼ症候群を患っていましたが、脂肪由来幹細胞による治療を受けたところ、今では血液検査や尿検査の結果が正常に近い値にまで改善されたといいます。また、ペットがきっかけで気管支ぜん息を発症した女性は、幹細胞による治療で症状が気にならなくなったと言います。今では1日2回服用していたアレルギー薬や気管支拡張剤を服用しなくても平気になり、安心してペットと一緒に暮らしています。

■今後の課題とは?
従来の治療では、考えられなかったような効果が期待できる再生医療。本格的な普及を目前に控えた今でも、新たな課題の克服に向けた努力が続けられています。
例えばこの治療がどのような難病に有効か?注入する幹細胞の量の問題、間隔の問題、さらに現在は主に静脈注射で行っていますが、局部注入すればどうなるのか?といったことが、今後の課題としてあげられています。特に前立腺がんに局部注入したり、門脈から局部注入して肝臓に直接到達させて治療効果を見るという試みに、大きな期待が集まっています。

夢が膨らむ再生医療。多くの人がその恩恵を受けられる様になる未来が、確実に訪れようとしています。これからも様々な難病の治療を目指して、再生医療の可能性がますます広がることを願わずにはいられません。

21世紀の新しい医療!再生医療(前編)

 
今回、「再生医療」についてお話を伺うのは、国立病院機構九州医療センター名誉院長、博多駅前かしわぎクリニック院長の柏木征三郎(かしわぎ・せいざぶろう)先生です。

■再生医療は実用間近!?
多種多様な組織が複雑に関わり合って機能している私たちの体。もしも病気や事故でその一部が失われてしまったら…。場合によっては臓器移植や人工臓器で機能を回復させることができます。ところが臓器移植は臓器提供者の数に限りがあり、人工臓器は人工物と人体が完全には適合できないなど、克服すべき問題も少なくありません。
そんな中、人間が持っている細胞の再生能力を活用した、新しい医療技術として確立されつつあるのが、再生医療です。近年様々な研究成果が発表され、1日も早い実用化が期待されるなど大きな注目を集めているのです。再生医療というとまだまだ遠い未来の医療というイメージがありますが、誰もが受けられるようになるかも知れない未来が、実はすぐそこまで迫っています。

■カギとなる幹細胞の種類
再生医療とは、私たち人間が持っている細胞の能力、再生する能力を利用して、欠損した細胞や組織、器官を再生させる医療のことです。特に最近では、幹細胞を使った幹細胞治療が研究されています。幹細胞治療というのは皮膚や骨、骨髄、脂肪、乳房などの欠損した部分を埋めるという治療が、特に進歩が著しいのですが、その他にも神経細胞、肝細胞、肺など、様々な細胞にも使用されています。
幹細胞は文字通り、体の組織や臓器を形作る“幹”になる細胞で、ある特定の細胞になるよう指示されると、その細胞に変化する能力を備えています。幹細胞には胚から採取する“ES細胞”、胎児から採取する“胚生殖細胞”、成人から採取する“体性幹細胞”、そして人工的に作り出す“iPS細胞”の4種類があります。その中でES細胞とiPS細胞は、様々な細胞に成長する機能を備えていることから、多能性幹細胞とも呼ばれ、体のあらゆる組織や臓器の再生に活用できると期待されています。ところがES細胞は受精卵を壊して作るので、胎児から採取する胚生殖細胞と同じく倫理上の問題があり、iPS細胞はがんの遺伝子を組み込んで作ることから、がんを引き起こす危険性が指摘されています。
一方で体性幹細胞というのは、私たちの体を構成している組織の1つで、皮膚にも体性幹細胞があります。倫理的な面が懸念されるES細胞や、がん化の問題を抱えるiPS細胞は、まだ人には使えませんが、人の体性幹細胞というのは自己の細胞を取って使うので、副作用の恐れが全くないという利点があります。

■注目の脂肪由来幹細胞
体性幹細胞は主に骨髄や脂肪から採取されます。骨髄からの採取は全身麻酔で行うなど患者の負担が大きく、採取できる細胞の数が少ないのに対して、脂肪組織には骨髄の100倍もの幹細胞が含まれていることから、1回で大量に採取でき、麻酔も軽くて済みます。
脂肪から採取する体性幹細胞は“脂肪由来幹細胞”と呼ばれ、日本では2001年ごろから脂肪由来幹細胞を使った再生医療の研究が進められてきました。すでに形成外科や美容外科の分野では、乳がん切除後の乳房再建や豊胸術などで、脂肪由来幹細胞による活発な治療が行われています。ところが脂肪細胞のすき間には、特定の細胞に変化する前の細胞の集まりが見つかっていて、軟骨や骨、骨格筋、神経、血管、肝臓など、体中の様々な組織を再生できる可能性があることが分かってきたのです。

■再生医療の効果は?
すでに一部で行われている人の脂肪由来幹細胞による治療では、喫煙者に多い肺の病気であるCOPD(肺気腫や気管支拡張症)や、気管支喘息などに対して、特に有効性が認められています。また人は加齢に伴って、肺や心臓をはじめとする全身の様々な機能が落ちていきますが、この治療によってその機能の落ち方が変化して軽くなることが確認されていて、再生医療はアンチエイジング効果のある治療としては最も有望であると考えられています。

■再生医療の要となる最新施設
この春、CPC(セル・プロセッシング・センター)という施設が福岡市に完成しました。これは脂肪から幹細胞を分離して培養する施設で、九州では初めて、全国では2例目となる最新の施設です。幹細胞の製剤を作るために施設内は完全無菌状態になっていて、施設内への雑菌の侵入を防ぐために、入口と出口を別々に設けて移動は一方通行に限られるなど、普段は関係者以外の立ち入りが厳しく制限されています。
中には、マイナス150度で患者の幹細胞を長期保存するための特殊な冷蔵庫や、専用の細胞培養器が設置されていますが、最も特徴的なのが2つの培養室です。これは規定によって、感染症の有無で細胞の培養を行う部屋を分ける必要があるからであり、特に九州の場合、B型肝炎やC型肝炎の感染者が多いため、そのような人の幹細胞は、これまでは県外の専門施設で培養しなければなりませんでした。これからはB型肝炎やC型肝炎であっても、再生医療を受けやすい環境が整ったのです。
今後、再生医療が本格化すれば、脂肪由来幹細胞も需要の増加が見込まれます。この施設の完成でそうした事態に対応できると同時に、再生医療の普及に向けた第一歩として、大きな期待が集まっているのです。

細胞そのものを再生して病気やケガで失われた機能をとり戻す…まるで夢物語のような医療が、意外な形で実現間近に迫っています。次回はすでに始まっている 再生医療の現場をリポートします。

がんと食事

 
今回、がんと食事についてお話を伺ったのは中村学園大学大学院 栄養科学科 教授の中野 修治(なかの しゅうじ)先生です。


■がんと食事の関係

アメリカで1970年代後半に食事と疾病について国が調査したところ食事によって起こる病気があることが分かりました。
それは動脈硬化、糖尿病、脳卒中といったいわゆる生活習慣病だったのですがそれに加えて、がんも食事によって発症するということが非常によく分かってきました。
またアメリカのある疫学調査では、喫煙と並んで日ごろの食事習慣が、がんの原因の3分の1を占めていることが発表され、
食事ががんと深い関係を持っていることが示されています。


■がんの現状

がんは30年以上に渡って日本人の死亡原因の1位をひた走っていて、その割合は実に全体の30%にも達しています。
現在、私たちの3人にひとりががんで命を落としていることになりますが、わずか数年後の2020年には2人にひとりががんで亡くなると考えられています。
がん治療というのは非常に進んでいますが、その割に日本ではがん死亡数は減っていません。
また1995年ころに、日本とアメリカのがん罹患率は逆転しています。


■日本での動き

増加の一途をたどる がん。
これを受けて我が国では2007年に“がん対策基本法”が施行されました。
そこでは、がん予防を推進し、かかる率を減らすこと、がん検診率を上げることが重要視されています。
この中で食事は、がん予防策のひとつとして、大きな可能性を持っています。



■食事による がんの予防@「偏食を避ける」

一般的にがんは“多段階発がん”と言っていろいろな段階を経てがんになります。
最初はDNAの障害です。
DNAに傷がつくことで突然変異が起こり、蓄積してくると、がんになるのですが、その初期のDNAの傷を作るのが“イニシエーター”という物質です。
それからいったん傷がついたDNAを発がんしやすくするというものがあります。
これが“プロモーター”という物質です。

イニシエーターやプロモーターが体内に入ったことで必ずがんになる訳ではありませんが、例えばそれらに該当する動物性タンパクや脂肪の取りすぎは大腸がんや前立腺がんに、塩辛いものの取りすぎは胃がんの原因となることが分かっています。
さらに極端に偏った食事を続けてその食材にイニシエーターやプロモーターとなる物質が含まれていたとしたらそれをずっと蓄積することになります。
従ってそのリスクを分散させるためにはいろんな食材を取ること。
つまり“偏った食事をしない”ということが非常に重要です。


■食事による がんの予防A「活性酸素と炎症を抑える」

活性酸素とは呼吸で体内に入ってきた酸素の一部が変化したものです。
良い働きもありますが、過剰に発生するとDNAに傷をつけ、
がんや生活習慣病の発症に影響を与えます。
また慢性胃炎や肝炎、逆流性食道炎といったような炎症があると活性酸素が生まれやすいとされています。
がん発症のきっかけをつくる活性酸素、さらに炎症。
これらを効果的に抑えるのが “ファイトケミカル”と呼ばれる植物に含まれる化学成分です。
主に野菜や果物に含まれ、抗がん作用があるとされています。
ポリフェノールやリコペン(リコピン)、カロテノイド、カテキンやイソフラボンなどが代表例ですが、実際にその数は数百種類にのぼると言われています。




またアメリカ国立がん研究所が、1990年から疫学調査をもとに作成した“デザイナーフーズ計画”でも数々の野菜ががん予防に効果的であることが謳われています。
「偏食を避ける」、「野菜や果物を1日400g以上取る」。
食事によるがん予防策は意外と身近なところにありました。



過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます