KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

宗像 沖ノ島〜祈りの原点をたずねて〜

KBC共通メニューをスキップ

乳歯のケア

 
今回、「乳歯のケア」についてお話を伺ったのは、
福岡歯科大学医科歯科総合病院 小児歯科 講師の
馬場 篤子(ばば あつこ)先生です。


■乳歯とは?

生後半年くらいから生えてくる歯です。
いずれ永久歯に生え変わるのでお粗末にされることが多いですが
子どもの成長発育の過程で顔の形を作る、
良く噛めるようにあごを鍛える、しっかり発音ができるなど
“立派な子ども”になる上でとても大事な組織のひとつです。


■乳歯の生え方

乳歯は多くの場合、生後半年から8ヵ月くらいで生えだします。
まず下の前歯が2本、次に上の前歯が2本、それぞれ隣に生えたあと、
奥歯が1本、その後に糸切り歯、最後に奥歯がもう1本。
だいたい3歳までに20本の乳歯が生え揃います。


■乳歯の特徴

生えてきたばかりの乳歯は歯の形をしていますが質が弱いです。
生えてきてから だ液や食べ物などから
リンやカルシウムを摂取してだんだん強く硬くなっていきます。
また乳歯は永久歯が大きくなって生え変わる時期が来たら
根っこから神経と一緒に溶けて
痛みを伴うことなく自然に抜けていきます。
さらに大人に比べると子どもは痛みに鈍感で、
虫歯が大きくなってもあまり痛いとは言いません。
気がついた時には大きな虫歯になって神経まで感染して
神経を取らなければいけないということになります。


■乳歯のケアのポイント

最初の歯が生えてきたらお乳やミルクによる虫歯を防ぐため
ガーゼなどで歯の表面をしっかりと拭いてあげましょう。
次第に生えそろってきたら歯ブラシを使って
しっかり歯磨きをしてください。
溝がある奥歯は特に汚れが溜まりやすいので念入りに磨きましょう。
さらに歯と歯の間は歯間ブラシで掃除すると
虫歯をより防ぐことができます。


■仕上げ磨き

歯が生えてきたら10歳くらいまでは保護者が必ず
“仕上げ磨き”をしてあげてください。
生えてきたばかりの乳歯は質が弱いですが永久歯も同じです。
保護者がしっかり仕上げ磨きをすることで
歯の表面の汚れが落ちますので、それで初めて虫歯予防になります。


■歯磨きを怠ると?

乳歯の虫歯を放っておくと
虫歯の菌が神経まで感染して神経が死んでしまいます。
さらに神経が死んだあと、くさって膿を出します。
そして膿が乳歯の根っこの方に溜まって
虫歯の永久歯が生えてくることが時々あります。
また乳歯の神経が死んでしまってそのまま放置しておくと
今度は永久歯が乳歯を避けて生えてくることになって
最終的には矯正が必要になってきます。
そうなると大変なのでやはり乳歯の虫歯は早めの治療が大切です。


■虫歯予防のポイント

砂糖の入ったお菓子やジュースなどの
取りすぎ・取らせすぎに注意しましょう。
そして食べたあとはなるべく早く歯を磨くこと。
特に寝る前には保護者がしっかり仕上げ磨きをしてあげると有効です。
ところで最近では歯ブラシを口に入れたまま歩き回ったりして転倒し、
歯ブラシが喉に刺さるなどの事故が問題視されています。
歯磨きの時以外には歯ブラシを持たせない。
本人が歯を磨くときには保護者が目を離さない。
歯ブラシは子どもの手の届くところに置かないなど
十分に注意してください。


■まとめ

乳歯といえども虫歯を放置しておくと顔が腫れたり、
永久歯の歯並びまで悪影響を及ぼすことが多々あるので、
できるだけ早めに乳歯は虫歯の治療をされた方が良いし、
また虫歯が治ってもきれいな永久歯に生え変わるまで
かかりつけの歯医者さんに定期健診に行かれることをお勧めします。

高気圧酸素療法

 
今回、高気圧酸素療法についてお話を伺ったのは
八木病院 会長の八木 博司(やぎ ひろし)先生です。

■高気圧酸素療法とは

高い気圧の部屋に患者さんを入れて純酸素を吸わせる治療法です。
血液の中にたくさんの酸素が取り込まれることで
体の低酸素状態を改善させるというのが目的です。
治療装置には患者さん1人が入って治療を受ける第一種治療装置、
多人数で治療を受ける大型の第二種治療装置の2種類があります。


■酸素が入ると…

肺から吸収された酸素は
血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンと結びついて、
全身へと運ばれます。これを“結合型酸素”といって
通常は呼吸だけでヘモグロビンの98%が酸素と結合しています。

これに対して血液の液体成分である
血漿(けっしょう)に溶け込んだ酸素を
“溶解型酸素”といいますが、
呼吸だけでは血漿にわずかな酸素しか溶け込みません。
ところが酸素を吸入すると溶解型酸素の量は7倍にも増加します。
さらに2気圧の環境で酸素を吸入すると14倍、
3気圧では21倍にもなります。
体内に取り込まれた大量の溶解型酸素は
手足の末端にまで行き渡って、
あらゆる低酸素状態を改善するので、
一酸化炭素中毒などのガス中毒をはじめ、
動脈が詰まって発症する脳梗塞や心筋梗塞など
様々な病気が治療の対象となるのです。
特に脳梗塞と突発性難聴は発症後2週間以内であれば
高気圧酸素療法が非常に効果的で、
脳梗塞の場合は発症後3時間以内であれば
寝たきりを防止できるとされています。


■仕組みと治療に効果的な疾患

高い気圧にすると物理的な効果が出てきます。
ある一定の気体の容積は気圧が上がると反比例してから縮小する
「ボイルの法則」というものがあります。
その理屈を使って減圧症や空気塞栓、腸閉塞の治療を行います。
空気塞栓や減圧症は血液の中に
ガスが入り込んでそれで血管が詰まる病気で
高圧にかけると詰まったガスのボリュームが縮小されて
血液が流れやすくなります。

また高気圧酸素には酸素が持つ殺菌作用に加えて、
抗炎症作用もあるため抗生物質と同じ効果があり、
免疫細胞を活性化したり、
血管の新生や組織の修復を促したりする作用もあります。
そのため傷口から感染した細菌によって
組織が破壊されるガス壊疽や骨髄炎などの重傷感染症、
さらには火傷などの治り難い傷に対しても
治療効果が確認されています。


■副作用の心配は?

飛行機の中で耳が詰まったり、閉塞感を感じることがありますが、
それと同じ様な現象が高圧室の中で圧を上げる時に起こります。
これを気圧外傷と言って耳が痛い、
歯が痛い、頭痛などの症状が起こることがあります。
頻度はそれほど多くはないですが病院で治療を受ける人もいます。


■今後について

高気圧酸素療法は長く行われてきた治療法ですが、
未知の部分もあり、まだまだ大きな可能性を秘めています。
現在でもがんや肝臓への効果を検証する
新たな研究が進められているなど、
今後のさらなる発展が期待されています。

紫外線

 
今回、紫外線についてお話を伺ったのは、
九州大学病院 皮膚科 助教の中村 美沙(なかむら みさ)先生です。


■紫外線とは?

地球に到達する太陽光線は大きく分けて
可視光線、赤外線、紫外線に分けられますが、
紫外線は太陽光線の中で波長が短く、エネルギーが強い光線のことです。
人の皮膚に降り注ぎ、その対策を怠ると皮膚にさまざまな影響が起きます。


■紫外線の種類

太陽から届く紫外線にはUV‐A、UV‐B、UV‐Cの3種類があります。
UV‐Aは地球を取り巻くオゾン層を通過してほとんどが地表へと届きます。
UV‐Bは一部が地表に降り注ぎ、オゾン層の厚さによってその量も変わります。
UV‐Cはもっとも有害な紫外線ですが
オゾン層に吸収され、地表にはほとんど届きません。


■紫外線の特徴

紫外線は地域や季節などでその強さが変わってきます。
一般に紫外線は南になるほど強いとされています。
日本列島は南北に長いのでここ九州地方はより注意が必要と言えます。
また紫外線は年間を通してずっと地表に到達していますが、
1年のうちでは4月から9月頃までが一番強いと言われています。
さらに1日のうちでは正午を中心として
その前後2時間が最も強いとされています。


■皮膚への影響

“サンタン”、“サンバーン”と呼ばれるものがあります。
サンタンはUV‐Aによって皮膚が黒くなる日焼けで、
たくさん浴びると皮膚の老化を早め
“光老化”と呼ばれるシミやシワにつながります。
一方、サンバーンはUV‐Bによって赤くなる日焼けで、
皮膚表面の細胞に影響を与えシミやシワ、
皮膚がんや白内障を引き起こす危険があります。

一般に日焼けによって皮膚が赤くなるだけで黒くならない人は
紫外線を防御する能力が低いとされています。
日焼けによって皮膚が黒くなるのは紫外線の影響が
皮膚の奥まで届かないようにするための一種のバリア反応なのですが、
この反応が低い人は皮膚の奥まで到達しやすいということになり、
シミやシワができやすく皮膚がんにもなりやすいと言われています。


■ほか注意点いろいろ

紫外線を浴びることによって皮膚では
ビタミンD(骨や歯の形成に必要)が作られます。
しかしビタミンDは普通に生活している中で十分合成されるので、
ビタミンDを作るために日光浴をするのは皮膚にとっては悪影響になります。

また子どもの頃から紫外線を浴び続けると、
大人になってからシミやシワができやすくなります。
紫外線対策は子どものころから保護者がしっかり行ってあげることが大切です。

紫外線は晴れた日にだけ降り注ぐのではありません。
曇った日でも青天の日の50から80%程度の紫外線が
地表に届くと言われています。
曇りの日でも紫外線対策は必要です。

紫外線はUVカット加工を施していないガラスでは
そのまま透過してしまいます。
室内でも太陽の日差しがさんさんと降り注ぐ窓際などに長時間いると、
屋内にいても紫外線を浴びていることになるので注意が必要です。


■これからの注意点

これからの季節、紫外線になるべく当たらないために、
外出する際には長袖や日傘、帽子の着用が大事です。
また皮膚が露出する部分には
サンスクリーン剤(日焼け止め)を塗るようにしましょう。
サンスクリーン剤にはUV‐Aを防ぐ強さを示すPA値、
主にUV‐Bを防ぐ強さを示すSPF値が記載されています。
SPF値は数値が高いほど効果も高いですが
肌への負担もその分大きくなるので
普段の生活では30程度のもので十分とされています。
汗などで流れてしまうのでこまめな塗り治しもお忘れなく!
紫外線は太陽が最も高くなる5月に一番多くなるとされています。
健康的なお肌を保つためにも今の時期からしっかり紫外線ケアを続けましょう。

腹部大動脈瘤

 
今回、腹部大動脈瘤についてお話を伺ったのは、
国立病院機構 九州医療センター血管外科 医長・科長の
小野原 俊博(おのはら としひろ)先生です。


■腹部大動脈瘤とは

心臓から出る最も大きな動脈を大動脈と言いますが、
腹部大動脈とは横隔膜からへその辺りで
二股に分岐するまでを言い、直径はおよそ2pです。
腹部大動脈の上半分で胃や腸、肝臓、腎臓などの
内臓へ枝を出しています。
動脈瘤とはもろくなった動脈の壁が、
血圧によって風船が膨らむように拡張して
コブになることで、動脈の直径の1.5倍を動脈瘤と言います。
さらに腹部大動脈瘤は直径が3p以上になった状態を言います。
腹部大動脈瘤は直径が5pを超えると破裂する恐れが大きくなり、
破裂した場合は死に至る可能性が高い、非常に危険な病気です。


■腹部大動脈瘤の原因

ほとんどは血管の壁が固くもろくなって
弾力性が低下する「動脈硬化」が原因です。
動脈硬化を悪化させる要因は喫煙や高血圧などの生活習慣病で、
その患者数は年々増え続けているため、
それに伴って腹部大動脈瘤の患者も増加傾向にあります。
腹部大動脈瘤は50代から80代の男性に多く見られ、
遺伝的な体質も影響することから家族に患者がいる人や高血圧の人、
その中でも特に喫煙者は注意が必要です。


■腹部大動脈瘤の症状

まれに腹部の拍動感やしこりを自覚することがありますが、
多くの場合は無症状です。
特に動脈瘤が小さかったり肥満でお腹に脂肪がたまっていたりすると
ほとんど自覚症状はありません。
ただし動脈瘤が急速に大きくなると
体の深部で鈍痛を感じて、腹痛や腰痛を訴えることがあります。
動脈瘤が破裂した場合は激烈な腹痛や腰痛で失神したり、
大量出血によりショック状態に陥って
突然死することも少なくありません。


■腹部大動脈瘤の特徴

この病気を放置すると患者の80%以上で動脈瘤が拡張します。
その程度は平均で年に3ミリ前後とされていますが、
15%から20%は年に5ミリ以上も拡張することが分かっています。
腹部大動脈瘤が破裂する可能性は直径3センチ台では0%ですが、
4センチ台で0.5%から5%、5センチ台で3%から15%、
6センチ以上になると20%から40%と、
大きくなるにしたがって危険性が高まります。

腹部大動脈瘤は腹部エコー検査でほぼ100%診断できます。
多くは目立った症状がないことから、
健康診断や他の病気の診察中に偶然見つかることも多いです。
動脈瘤は一度形成されると元のサイズに戻ることはありませんが、
まだ小さいうちに見つかれば禁煙や
適度な運動、生活習慣病の治療で
動脈瘤が拡張する速度を遅らせることができます。
また動脈瘤の直径が男性5p以上、女性4.5p以上の場合や、
それより小さくても急激に大きくなっている場合、
あるいは動脈瘤の形がいびつな場合は予防的な手術の対象となります。
動脈瘤が破裂してしまった場合は緊急手術が必要ですが、
破裂していなくても痛みがある場合は
破裂しかかっている状態と考えられ、できるだけ早く手術が必要です。


■腹部大動脈瘤の手術

従来は腹部を20pほど切開して動脈瘤の部分を
人工血管に置き換える開腹手術が行われていましたが、
最近では血管内治療が広く行われるようになってきました。
血管内治療とは足の付け根を3pほど切開して
動脈にカテーテルを挿入し、
人工血管と金属ステントを組み合わせたステントグラフトを
動脈瘤の内側に広げるもので、
開腹手術に比べて患者さんの負担が小さく、
術後の回復が早いなどの利点があります。


■まとめ

腹部大動脈瘤は破裂する前に治療すれば多くは助かります。
そのためには早期発見が肝心なので、
50歳を過ぎたら毎年必ず健康診断を受けましょう。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます