KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

宗像 沖ノ島〜祈りの原点をたずねて〜

KBC共通メニューをスキップ

歯周病最前線

 
今回、歯周病最前線についてお話を伺ったのは、
九州大学大学院 歯学研究院 口腔予防医学分野 准教授の
竹下 徹(たけした とおる)先生です。


■歯周病とは

歯周病は歯を失う口の二大疾患のひとつです。
虫歯は歯自体が溶けて壊れてしまう病気ですが、
歯周病は歯を支えている骨が溶けて歯が倒れてしまう病気です。
50歳以上の場合、歯を失うほとんどの原因が
歯周病だと言われています。
また初期の段階の歯肉炎も含めると、
日本人の成人の80%以上の人は
歯周病にかかっているとされています。


■歯周病の仕組み

歯と歯ぐきの間には溝があり、
そこに歯垢が溜まることで歯周病は始まります。
歯垢とは口の中に残っている食べかすや菌の塊のことで、
それが歯周ポケットと言われる歯と歯ぐきの間の溝に入ると
歯ぐきが炎症を起こし、
放っておくと どんどん溝が深くなります。
溝の深さが4ミリを超えると歯周病と診断されます。
歯周病になると歯ぐきの炎症が原因で歯の根元が溶けだし、
やがては歯を失ってしまう危険性が高いのです。


■歯周病と全身疾患

歯周病になると歯ぐきの毛細血管を伝って菌が全身へと広がり、
さまざまな疾患を引き起こす危険があるため注意が必要です。
糖尿病や心臓疾患などは歯周病があると
そのリスクが高まることが報告されています。
また近年、言われているのは、
高齢者が歯周病になって悪い菌が口の中に増えると、
その菌が肺にどんどん流れて、
嚥下(えんげせい)性肺炎を起こしてしまうので、
高齢になる前に歯周病は治しておくことが重要です。


■次のような症状に要注意

歯が最近グラグラする、歯ブラシ時に血が出る、
歯と歯の隙間が開いてきて食べ物がよく挟まるようになってきた、
見た目に歯が長くなってきたような感じがする。
このような自覚症状があれば歯周病の可能性が高いので
歯医者さんで診察を受けてください。

■歯周病の治療

深い歯周ポケットができた場合には日ごろの歯ブラシだけで
菌をなくすことは出来ません。
その場合は歯医者さんの道具で
徹底的に掃除をしてもらうのが重要です。
症状が悪くなった場合には手術で歯ぐきを切って
その中を掃除することもあり、
そのあと噛み合わせの調整が必要な場合もあります。

※トライのコーナーでは、
唾液に潜む口腔内細菌の種類や組み合わせから
歯周病のリスクを判別する竹下准教授の最新研究を紹介しました。
将来、唾液を調べるだけで 歯周病になりやすい、
あるいはなりにくいといった診断が
街中の歯医者さんで可能になるかもしれません。

職場のメンタルヘルス

 
今回、職場のメンタルヘルスについてお話を伺ったのは、
九州中央病院 メンタルヘルスセンター長の
十川 博(そがわ ひろし)先生です。


■職場のメンタルヘルスとは

体の健康も大切ですが、心の健康も大切だということで、
最近“メンタルヘルス”ということがよくいわれます。
そんな中、ストレス社会と言われて久しい現代では、
職場での心の健康を保つ“職場のメンタルヘルス”が
重要視されています。
その背景には、いわゆる“空白の20年”と呼ばれる
1990年代からの日本経済の停滞。
そしてそれに伴う不況やリストラ。
ほかさまざまな要因で職場環境が複雑化したことが挙げられます。
さらに国の統計では、メンタルヘルス上の理由で
休職や退職をした人がいる事業所の割合は
規模の大きなところでは90%を超えるのをはじめ、
以下、高いパーセンテージを示しています。


■国の動き

2014年の6月に労働安全衛生法の一部が改正され、
従業員が50人以上いる職場では
ストレスのメンタルチェックが義務化されました。
これは2015年の12月1日から施行されます。


■症状と傾向

心の健康状態が乱れてきたときにまず特徴的に見られるのが不眠です。
さらに朝、会社に行きたくないという気持ちになります。
その他にも食欲がない、外出したくない。人に会いたくない、
テレビを見たくないなどといった気分が落ち込む状態が続きます。
なりやすい人の傾向としては、
「こうでないと気が済まない!」という、
比較的、柔軟性に欠けるタイプの人。
時期的には就職や異動、転職などで
新しい人間関係を作らなければならない、
4月から今ごろ(5月後半)ということになります。


■心の健康を保つために

職場には、いろいろな年齢層や価値観の人がいるので、
その中で大事なのは“挨拶”だと思います。
“おはようございます、お疲れさまです、失礼しました”
など、挨拶ができないと、
相手は自分に敵意を持っているんじゃないかと思うので、
その人はどんどん孤立していくのではないかと考えられます。
その他にも、仕事でミスをしたとき、しっかり反省をした後には
“失敗は成功のもと”と発想を転換する。
とりわけ、“自分は柔軟性がいまひとつ”と感じている人は
“自分の失敗を許す”という意味でも、気持ちの切り替えが大事です。


■さらに…

よくあるのが、ちょっとした失敗にクヨクヨして、
頭の中でずっと悩んでしまうと。
そういうときは悩まないのではなくて、
“悩んでもいい”と考えましょう。
悩みながらでも自分ができるところはやっていく。
そうして悩んでいるうちに、ふっと楽になることがあります。
自分に“悩んでいいよ”と許してあげることも大切だと思います。


■先生より

職場で悩んで、そして休んでしまった。
でも、その方たちが元気になって職場に戻っていくんですよね。
「ストレスが本当に多かったときに
どうすれば良かったと思いますか?。」と尋ねたんですね。
そうしますと多くの方がですね、この3つ、だいたい述べています。

その@は、“ひとりで抱え込まない”こと。
信頼できる先輩や同僚に悩みのタネを聞いてもらいましょう。
一方、相談を受けた人はあれこれ自分の意見を言うことなく
静かに聴いてあげることが大事です。
そのAは“早めに休む”こと。ギリギリまで頑張って燃え尽きる前に、
“休みも仕事のうち”と気持ちを切り替えてゆっくりしましょう。
そしてそのB、“できるだけ早く病院で診てもらう”こと。
早めの治療が早めの症状改善につながります。


■受診の目安

眠れない、食欲がない、人に会いたくない、
外に出たくない、テレビも見たくない。
こういう5つの症状のうち、2つが出てきたら
受診を考えていただきたいと思います。

網膜剥離

 
今回、網膜剥離についてお話を伺ったのは、
佐賀大学医学部 眼科学講座 教授の
江内田 寛(えないだ ひろし)先生です。

■網膜剥離の症状

網膜とはカメラでいうとフィルムに当たります。
網膜剥離とは、そのフィルムがもともとある所から剥がれて
視力が低下する病気ですが、
剥がれる前にいくつか前兆があります。
その1つは網膜が内側から引っ張られると
光がキラキラ光って見える光視症というもので、
それに続いて過度の牽引力がかかると網膜に穴が開いてしまいます。
その際に小さい点々がたくさん見えてきますが、
これを飛蚊症といいます。
やがて網膜剥離が徐々に進んでくるわけですが、
その網膜剥離の範囲に当たる視野の欠損が起きてきます。
それがさらに進んで網膜の中心を網膜剥離が通過すると、
急速に視力が低下してしまいます。
一般に網膜剥離は若い人よりも高齢者の方が
進行速度が早いといわれています。


■網膜

網膜とは厚さが1ミリの1/4程度の薄い膜で眼球の奥にあります。
眼球の中は透明なゲル状の物質である
硝子体(しょうしたい)で満たされていますが、
加齢とともにサラサラした液体成分と
ベトベトしたゲル成分に分離して、
やがて網膜からゲル成分の硝子体が離れていきます。
これは後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)といって、
網膜剥離を引き起こす要因になると考えられています。



■経過

50歳以上になるとこの現象の頻度が増えてきます。
通常は軽い飛蚊症を感じる程度ですが、
硝子体に強い癒着があると,
過度な牽引がかかって裂孔を作ることがあります。
そののちに目の中にある水の成分が裂孔を通じて
網膜の下に潜り込むことによって、
網膜剥離が徐々に進行していきます。
また若い人では、例えばボクシングなどの
スポーツに伴うような外傷であったり、
あるいはアトピー性皮膚炎の患者さんでは目がかゆくなって、
つい眼を叩いてしまうことで裂孔を形成して
網膜剥離を発症することもあります。


■治療法

網膜剥離している期間が長いほど、
治療後の十分な視力回復が望めなくなるため、
一般に網膜剥離と診断されたら早急な手術が必要となります。
なお網膜が剥がれる前の状態であれば、
裂孔の周りにレーザーを照射して、
網膜とその下の組織を接着することで網膜剥離を予防できます。
しかし硝子体と網膜の癒着の程度や裂孔の大きさによっては、
十分な効果が得られない場合もあります。


■手術法

網膜剥離が進むと手術で剥がれた網膜を
元の位置に戻してやる必要があります。
通常はバックリング手術、
あるいは硝子体手術という手術を行って、
網膜を元の位置に戻すようにしています


■バックリング手術

バックリング手術は従来から行われている方法で、
眼球の外側にあて物をして内側に凹ませることで
硝子体の牽引を緩めて網膜を元の位置に戻します。
必要に応じて剥がれた網膜を押さえつけるために、
空気や特殊なガスを眼の中に注入することがあります。


■硝子体手術

硝子体手術は眼に小さな穴を3ヵ所開けて、
網膜剥離の原因になっている硝子体の牽引を
内側から取り除くという手術です。
硝子体を取り除いた後で網膜を空気で伸展させて
裂孔の周りにレーザー光線をかけ、
手術の終了時に眼の中には空気か特殊なガスを充填します。
国内では網膜剥離のおよそ8割に硝子体手術が行われています。
ただし、わずかに白内障のリスクがあるので、
若い患者にはバックリング手術が選択されることもあります。

大学病院や総合病院ではバックリング手術や硝子体手術に関しては、
1週間程度の入院が必要ですと患者さんには説明しています。
特に硝子体手術については手術の終了時に
眼の中にガスを充填するので
裂孔の位置によっては患者さんに
体位の制限をお願いする場合があります。


■注意点

硝子体手術後の患者さんで
眼の中にまだガスが入っている人は重要な注意点が1つあり、
それは飛行機に乗ってはいけないということです。
飛行機に乗ってしまうと気圧の関係でガスが膨張するので、
この点には非常に注意が必要です。
また網膜剥離は完治しても再発の危険性があります。
特に近視が強い人では良い側の眼にも
同様の網膜剥離が生じる危険性があるので
手術の後は定期的にかかりつけの眼科の先生に
診てもらうことが重要です。

認知症と糖尿病

 
今回、認知症と糖尿病についてお話を伺ったのは、
原三信病院 脳神経内科 部長の
藤木富士夫(ふじき ふじお)先生です。


■認知症と糖尿病とは

認知症とは認知機能が低下し
日常生活に支障をきたす状態をいいます。
50以上の原因疾患があり、
代表疾患はアルツハイマー病です。
一方、糖尿病とはインスリンの作用不足によって
血糖値が高い状態を主とする病気ですが、
この糖尿病と認知症には深い関係があります。


■認知症とは

認知症とは何らかの要因で脳の組織に変化が起こるもので、
進行すると記憶障害などから日常生活にさまざまな影響を及ぼします。
我が国の認知症患者数はおよそ460万人、
それに“軽度認知障害”と呼ばれる一歩前の人を加えると
800万人以上といわれ、
65歳以上の高齢者の4人にひとりは認知症という計算になります。


■糖尿病とは

糖尿病は「生活習慣病の代表格」とされ、
その9割以上を占めるのが“2型糖尿病”です。
遺伝的に糖尿病を起こしやすい人に
乱れた生活習慣からくる肥満や脂質異常、
ほかストレス、加齢といった要因が加わって発症します。
2012年の調査では日本全国でおよそ2050万人。
国民の5人に1人は糖尿病かその予備軍と報告されています。


■認知症と糖尿病の関係

糖尿病ではご飯などに含まれる糖が分解されてできたブトウ糖が
インスリンというホルモンの効果が弱くなって血液中に留まり、
血糖値が高い状態が続きます。
そしてこの高血糖状態が続くことで、
脳の神経組織に糖化や酸化、炎症といった
老化を進める反応が進んで、
認知症発症の要因になるのではとされています。
その他にも、糖尿病で血管の動脈硬化が進み、
脳に酸素や栄養が届かなくなって
脳の神経細胞に影響が及ぶこと、
糖尿病の治療で低血糖になることから
脳の神経障害が起こることなどが考えられています。


■さらに…@

すい臓から分泌されるホルモン“インスリン”は、
血流にのって全身に届いたブドウ糖をエネルギー源として
細胞へと送り込む手助けをしています。
このインスリン、実は脳内の組織にも分泌されていて
その作用が弱まると脳に記憶障害が起こり、
認知機能にも影響を与えると考えられています。
インスリンがうまく働かない状態が続くことによって
“アルツハイマー病の脳の変化が促進されてしまう”
という報告もあります。


■さらに…A

認知症は高齢者を中心とした病気だと考えられがちですが、
実は認知症の脳の変化というのは20年、30年前、
つまり70歳、75歳で発症する人は
45歳、50歳のときから脳の変化が起こっていて、
認知症が出てしまったときには
すでに脳の変化は完成しきっている状況になっています。
だから私たちが大事なことは認知症になるずっと前に、
生活習慣病を予防することを通して、
認知症にならないようにしていくことです。
また生活習慣病を治療することで認知症になりにくくなったり、
その進行が抑えられたという報告もあります。
好ましい生活習慣は本当に大事です。

女性とホルモン

 
今回、女性とホルモンについてお話を伺ったのは、
九州大学病院 産科婦人科 教授の
加藤聖子(かとう きよこ)先生です。

■女性ホルモンとは

女性ホルモンは女性が妊娠や出産のできる体になるために
必要なホルモンの総称で、
卵巣から出るエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。
エストロゲンは妊娠の準備と女性らしい体作りを助けるホルモンで、
髪とか肌の潤いを保ったり、骨や血管を強くしたり、
コレステロールを調節するなど
さまざまな働きで女性の体を守ってくれています。
もう1つのプロゲステロンは妊娠の継続を
サポートするホルモンと言われていて、
妊娠に備えて子宮内膜を柔らかくしたり、
体内に水分や栄養を蓄えたり、腸のぜん動運動を抑えたり、
気分を抑うつ状態にしたりするような作用も持っているので、
月経前の不快な症状の1つの原因とも言われています。

これら2つのホルモンは一定の周期で
分泌量のバランスを変えながら、
女性の心身に作用していますが、
特にエストロゲンは、一生を通して
女性の健康に大きな影響を及ぼすと言われています。


■エストロゲン

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは
一般には8歳頃から分泌が始まり、
30代半ばでピークを迎えて以降は
徐々に分泌量が減っていき、
40代半ばから急激に減少します。
やがて50歳前後で閉経を迎えるとエストロゲンは
ほとんど分泌されなくなっていきます。
この閉経前後のおよそ10年間が更年期と呼ばれる期間で、
ホルモンバランスが急激に崩れるため、個人差はありますが
心と体に様々な不快な症状、いわゆる更年期障害が起こりがちです。


■更年期障害

更年期障害の症状で最も多いのは、
いわゆるホットフラッシュと言われる
ほてりやのぼせ、めまいといった自律神経の症状です。
それに加えてイライラ感や気分の落ち込み、
さらに肩こりや動悸頭痛など神経系の症状も見られます。
しばらくすると骨からカルシウムが流出して
骨がもろくなる骨粗しょう症や、
悪玉コレステロールが増えて高脂血症、動脈硬化が進んで
高血圧になりやすくなります。

この時期の女性は子どもの受験や親の介護、夫の定年など、
ライフステージの中で大きな変化に見舞われる時期でもあるので、
そうしたストレスも、更年期障害の発症に
大きく影響していると言われています。

エストロゲンの分泌を司っているのは大脳で、
血液中に含まれるホルモンの量は、
視床下部と呼ばれる部分で常にチェックされています。
そして必要に応じて視床下部の指令を受けた脳下垂体から
性腺刺激ホルモンが出て、
卵巣からエストロゲンが分泌されるのです。
ところが更年期を迎えて卵巣の働きが落ちてくると
エストロゲンの分泌量が減るため、
視床下部はエストロゲンの分泌を促そうとして過剰に働き始めます。

視床下部は体の様々な機能を調節する自律神経も
コントロールしているので、
過剰に働くと自律神経まで乱れてしまい、
体のさまざまな不調を招いて更年期障害が
引き起こされるのです。

更年期障害はエストロゲンが低下すると発症するので、
更年期だけではなく、どの年代でも起こる可能性があり、
若い世代でも卵巣機能が低下してしまうと
似たような症状が現れます。
特に無謀なダイエットで急激に体重が減ると
卵巣機能が低下して無月経になることがあり、
エストロゲンの分泌量が低い状態が続くと
20代で骨粗しょう症が始まることもあります。
一般に閉経すると子宮が小さくなりますが、
若い女性でも無月経が続くと似たような状態になり、
回復が難しいことがあります。
そのため無月経の状態を放置すると将来不妊症になるリスクが
高まるで注意が必要です。

更年期障害に対して最も効果的な治療は
エストロゲンを補うホルモン補充療法です。
最近では飲み薬に加えて、より肝臓への負担が少ない塗り薬や
貼り薬も登場して、治療がしやすくなりました。
ただしエストロゲンだけを投与していると
子宮体がんのリスクが高まるので、
必ずプロゲステロンを一緒に投与致します。
ホルモン補充療法で特に気をつけなければならない副作用は
乳がんと血栓症です。
乳がんのリスクは5年以内の投与なら
高くならないことも分かってきていますが、
治療前や治療中は必ず乳房検査を行って、
乳がんの警戒を怠らないことが大切です。
さらに高度肥満や喫煙は血栓症のリスクを高め、
偏頭痛はエストロゲンで悪化すると言われているので、
ホルモン補充療法は原則として行うべきではないと考えます。
そういう人には漢方療法などを行うこともあるので
症状にお困りの時は婦人科を受診して下さい。


■まとめ

最近ではホルモンバランスの異常から
PMS・月経前症候群に悩む若い女性が増えています。
適切な治療で症状の改善が見込めるので、
月経前のイライラやむくみがひどい時は
我慢しないで婦人科を受診しましょう。

過去の記事


All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます